puyoloft.net >> ぷよぷよ スコアアタック用 土台メモ   「●○◎×☆*」

ぷよぷよ スコアアタック 土台メモ

このページでは主にぷよ通スコアの1面で使うような土台を研究している。 4色で相手の攻撃がほとんど無い状態でいかに効率よく無駄消しなく大連鎖を組めるかを追求したい。 ぷよ通スコアの2面以降の追求は連鎖というよりも整地や対応技術の追求という感じがするのでこのページではあまり扱わない。
○1面用 土台。 ・5段 階段積み土台、kenny式5段 パーツ土台5段 カギ積み土台連鎖尾型 連結盛り土台連結盛り土台、その他 ○2面以降 土台 ・半kenny式4段カギ半5段カギ ○4面以降用 土台 ・7段土台7段土台(3+4段)7段土台(4+3段)6段折返し土台7段折返し土台 ○その他。 ・階段派生テンプレカギ派生テンプレ単純繰り返しの形「階段積み」「カギ積み」の利点平らな土台の利点

「5段 階段土台。kenny式」

5段階段土台。いわゆるkenny式。ぷよ通スコア1面で最も採用されている高効率の土台。 基本形。 ___○◎○/___○◎○/ ●_●●○●|__●●○●| ○_●○◎◎|●_●○◎◎| ●_●○◎●/○◎●○◎●/ ◎○◎●○●|●○◎●○●| ○◎●○◎●|○◎●○◎●| ◎○◎●○◎|◎○◎●○◎| ◎○◎●○◎|◎○◎●○◎| ◎●●○●○/◎●●◎●●/ ●◎○◎○○|●◎○●○●| ○●◎○◎●|○●◎○◎○| ○●◎○◎●|○●◎○◎○| ○●◎○◎●|○●◎○◎○|
第2折の第2折側から1列目と3列目は別色にすると許容形が増える 図1の「×」の位置を別色にする。 図1 ______/______/____○◎/____○_/ ●_____|●___○◎|●___××|●__◎×●| ○_____|○___××|○__◎○○|○__○○×| ●____×/●___○○/●__◎◎○/●__○◎◎/ ◎○◎×○×|◎○◎●○×|◎○◎●○×|◎○◎●◎×| ○◎×○●×|○◎●○◎×|○◎●○◎×|○◎●○●×| ◎○◎×○●|◎○◎●○◎|◎○◎●○◎|◎○◎●○●| ◎○◎×○●|◎○◎●○◎|◎○◎●○◎|◎○◎●○●| ◎●●○●○/◎●●○●○/◎●●○●○/◎●●○●○/ ●◎○◎○○|●◎○◎○○|●◎○◎○○|●◎○◎○○| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●| ____○●/____○●/ ●___◎×|●___××| ○__○○◎|○___◎◎| ●__○◎×/●_○○○◎/ ◎○◎●◎×|◎○◎●◎×| ○◎●○●×|○◎●○●×| ◎○◎●○●|◎○◎●○●| ◎○◎●○●|◎○◎●○●| ◎●●○●○/◎●●○●○/ ●◎○◎○○|●◎○◎○○| ○●◎○◎●|○●◎○◎●| ○●◎○◎●|○●◎○◎●| ○●◎○◎●|○●◎○◎●| 同色の場合の許容形 ____○●/_____◎/____×◎/ ●___◎×|●____×|●___○×| ○__○○◎|○_○●○×|○___●●| ●__○◎×/●_○○●●/●_○○○●/ ◎○◎×◎×|◎○◎×●×|◎○◎×●×| ○◎×○●×|○◎×○◎×|○◎×○◎×| ◎○◎×○●|◎○◎×○◎|◎○◎×○◎| ◎○◎×○●|◎○◎×○◎|◎○◎×○◎| ◎●●○●○/◎●●○●○/◎●●○●○/ ●◎○◎○○|●◎○◎○○|●◎○◎○○| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●|

「5段パーツ土台」

5段で平らに収まるパーツ土台を第1土台として、その上の第2土台以降も含めた許容形を網羅しパーツの組み合わせを強く意識した土台。 パーツの種類は「連鎖尾」「折返し下部」「折返し上部」「第2折下部」「第2折上部」。 基本的にそれぞれのパーツは3列で一塊になっている。 同時消し含みの連鎖尾パーツを積極的に採用する。 15連鎖以上は連鎖ボーナスがカンストしていて、17連鎖、16ダブ、15ダブ16連は同じ点数になるため、許容形を増やすことに活用している。 ・5段パーツ土台とkenny式の関係 5段パーツ土台の各パーツはkenny式の各パーツの輪郭と一致するため互換性がある。 kenny式も5段パーツ土台の1種といえるが、階段土台の利点を最大限受けていることがkenny式の強みである。 5段パーツ土台は、kenny式に代わるスコア用土台を目指して研究しているが、研究するほどkenny式の優秀さ思い知ることになる。 kenny式は、形が単純で、色制約が少なく、暴発し難く、連結足しやすく、大連鎖を撃てる最も効率のいい5段土台の基本形ということを疑うことは難しい。 同時消し含みの3列連鎖尾パーツをkenny式の許容形の一部として使えばkenny式の完成度をもっと高められる可能性はある。 ・5段パーツ土台の理想 許容系の中にも良形悪形があり、良形パーツのみを組み合わせて大連鎖を構築するために、最上部の領域までの良形パーツの許容形を網羅することが重要。 その上で良形パーツの優先度をすべて明確にして、ツモを優先度の高い形の順に当てはめていくというイメージ。 ただし、実際に組んで無駄消ししないことを優先すると暴発しやすい形を選ぶしかない状況が頻発する。 通常は第2折部分で無駄なく敷き詰めることが多く、4,5,6列目に暴発に起因するブロックが置かれることは少ない。 3列目からの連鎖尾暴発についても、暴発しても得点ロスが少ない許容形が多くあり、それらを含めて暴発しやすい形も悪形とはせずに採用してもいいかもしれない。
基本形。 ___○◎◎/ ___●○●| ○_●○◎◎| ×◎●○◎●/ ●○◎●○●| ○◎●○◎●| ◎○◎●○◎| ◎○◎●○◎| ◎●●◎●●/ ●××●◎◎| ×●◎○●◎| ○○●◎○○| ○●●◎◎○|
連鎖尾パーツ。 4列目に繋がる受け口は必ず2段以下にする。 パーツ土台は許容形をいかにたくさん増やすかという目的があり、階段土台の4列目縦3の形の3段受け口は折返し下部の許容形が少ないため採用できない。 下の「●」から消す。 連鎖尾の「┗左下L字」は「┏左上L字」とズレに互換性があり置き換えられる。 ___●◎◎|___●◎◎| ___◎●●|___◎●●| ___○◎●|___○◎●| ___●○○|___●●○| ___●●○|___●○○|
「┛右下L字」も使用可能だが、他の2種のL字と比べて著しく良形が減り採用しにくい。 次の次の項目に許容形を載せている。 ___◎●◎| ___●◎●| ___◎○●| ___○●○| ___●●○|
連鎖尾許容形。下の「●」から消す。
超良形。34列目に2個ブロックを追加しても暴発しない。 ●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎| ○●●|○●●|○●●|○●●| ◎○●|◎○●|◎○●|◎○●| ●○◎|●○○|●●◎|●●○| ●●○|●●◎|●○○|●○◎|
良形。34列目に1個ブロックを追加しても暴発しない。 ●◎◎|●◎◎|◎●◎|●○○|●◎○|●◎○|●◎○|◎●◎|●◎○| ◎●●|○●●|●○●|◎●●|◎●◎|◎●○|◎●○|○●◎|◎●○| ○◎●|○◎●|◎○●|○◎●|○●◎|◎●◎|○●◎|○◎●|◎●●| ●○○|●○◎|●◎○|●○◎|●○●|●○●|●○●|●○●|●○◎| ●●○|●●○|●●○|●●◎|●●○|●●○|●●◎|●●○|●●○| ◎○○|◎○○|●◎◎|◎●○|●◎○|●◎○|◎◎●|●◎◎|◎○○| ●◎◎|●◎◎|◎●○|◎○●|●◎○|◎●○|○●●|○●○|×◎◎| ○●●|◎●●|◎○●|○◎●|◎●○|○●●|◎○◎|◎○●|◎×○| ●◎●|●○●|●○●|●◎●|●◎●|●○◎|●○●|●◎●|●○×| ●●○|●●○|●●○|●●○|●●○|●●◎|●●○|●●○|●●×| L字上下逆の形。上記と同形。 ●◎◎|●◎◎|◎●◎|●○○|◎●○|×◎○|×◎○|◎×◎|×◎○| ◎●●|○●●|●○●|◎●●|●◎●|◎×○|◎×○|○×◎|◎×○| ○◎●|○◎●|◎○●|○◎●|○◎●|◎×◎|○×◎|○◎×|◎××| ●●○|●●◎|●●○|●●◎|●●◎|●●×|●●×|●●×|●●◎| ●○○|●○○|●◎○|●○◎|●○○|●○○|●○◎|●○○|●○○| ◎○○|◎○○|×◎◎|◎×○|×◎○|×◎○|◎◎×|×◎◎|◎○○| ×◎◎|×◎◎|◎×○|◎○×|×◎○|◎×○|○××|○×○|×◎◎| ○××|◎××|◎○×|○◎×|◎×○|○××|◎○◎|◎○×|◎×○| ●●×|●●×|●●×|●●×|●●×|●●◎|●●×|●●×|●●×| ●◎○|●○○|●○○|●◎○|●◎○|●○◎|●○○|●◎○|●○×| L字上下逆の形。固有。 ●◎◎|●◎◎|◎●◎| ◎●●|◎●●|●◎●| ◎○●|○○●|◎○●| ●●○|●●○|●●○| ●○○|●○◎|●○○|
普通形。暴発しても得点ロスが少ない形。 ●◎◎|○◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎| ●○◎|●○◎|○●◎|◎●◎|○●◎|○●◎| ○●○|○●●|○●●|○●●|○◎●|◎○●| ●○●|●○●|●○◎|●○○|●○●|●○●| ●●◎|●●◎|●●○|●●○|●●○|●●○| ●◎○|●◎◎|●◎◎|●◎○|●○◎|◎●◎|◎◎○| ◎●○|◎●○|◎●○|◎●○|◎●○|○◎●|●○○| ◎●●|◎●●|◎●○|◎●○|◎●●|○◎●|◎●●| ●◎○|●○○|●○●|●◎●|●◎○|●○●|●◎●| ●●○|●●○|●●○|●●○|●●○|●●○|●●○| 「┏左上L字」型 ○●●|◎○○|×◎◎|×◎◎|×◎◎|×◎◎| ○◎●|×◎○|○×◎|◎×◎|○×◎|○×◎| ◎○◎|◎××|○××|○××|○◎×|◎○×| ●●○|●●×|●●◎|●●○|●●×|●●×| ●◎●|●◎○|●○○|●○○|●○○|●○○| ×◎○|×◎◎|×◎◎|×◎○|×○◎|◎×◎|◎◎○| ◎×○|◎×○|◎×○|◎×○|◎×○|○◎×|×○○| ◎××|◎××|◎×○|◎×○|◎××|○◎×|◎××| ●●○|●●○|●●×|●●×|●●○|●●×|●●×| ●◎○|●○○|●○○|●◎○|●◎○|●○○|●◎○|
普通。さらに少し暴発しやすくなるが、暴発しても得点ロスが少ない形。 ◎●◎|●◎●|●◎◎|●◎○|◎○◎|●○◎|●◎○|●◎◎|◎●◎| ◎○●|◎●●|◎●○|◎●◎|●◎◎|◎●●|◎●◎|◎●◎|◎●○| ○◎●|○◎◎|○◎●|○◎●|○●●|○◎●|○●◎|○●○|○◎●| ●○●|●○○|●○●|●○●|●○●|●○◎|●○●|●○●|●○●| ●●○|●●○|●●○|●●○|●●○|●●○|●●○|●●○|●●○| 「┏左上L字」型 ◎×◎|●◎●|×◎◎|×◎○|◎○◎|●○◎|×◎○|×◎◎|◎×◎|◎×○| ◎○×|◎●●|◎×○|◎×◎|×◎◎|◎●●|◎×◎|◎×◎|◎×○|◎×◎| ○◎×|○◎◎|○◎×|○◎×|○××|○◎●|○×◎|○×○|○◎×|○◎×| ●●×|●●○|●●×|●●×|●●×|●●◎|●●×|●●×|●●×|●●×| ●○○|●○○|●○○|●○○|●○○|●○○|●○○|●○○|●○○|●○○|
15連鎖目で消える3段目のみ3連結露出する形はほぼ暴発しないので良形扱いでいいかもしれない。 ●◎◎|●◎◎|◎◎●| ◎●◎|◎●●|●●◎| ○○●|○○●|○○◎| ●○●|●○◎|●○●| ●●○|●●○|●●○|
悪形。1個のブロックで暴発しやすく得点ロスが大きい形。 ●◎◎|●●◎|●◎◎|●○○|◎◎○|◎●○| ◎●●|◎●◎|●●◎|◎●◎|●●◎|◎●◎| ○●◎|○◎●|○◎●|○◎●|○●◎|○◎●| ●○○|●○○|●○○|●◎●|●○●|●○●| ●●○|●●○|●●○|●●○|●●○|●●○| ○●◎|○●◎|○●◎|○●●| ○◎●|○●◎|○●◎|○◎●| ○◎●|○◎●|○●◎|○●◎| ●○●|●○●|●○●|●○◎| ●●◎|●●◎|●●◎|●●◎| ●●○|●◎○|●○◎|●◎●|●◎◎|●◎◎| ◎●◎|●●◎|●●◎|●●◎|●●◎|●●◎| ○◎●|○◎●|○◎●|○○◎|○○●|◎○●| ●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●●○| ●●○|●●○|●●○|●●○|●●○|●○○| ●◎○|●○○|●○○|●○○| ◎●○|◎●◎|◎●●|◎●◎| ◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●| ●○●|●○●|●○◎|●○●| ●●○|●●○|●●○|●●○| ◎◎○|◎◎◎|◎◎○|●◎○| ●●○|●●○|●◎○|●◎●| ◎●◎|◎●○|◎●●|○●◎| ●○●|●○●|●○●|●○◎| ●●○|●●○|●●○|●●○|
「┛右下L字」の連鎖尾。 下の「●」から消す。 他の2種のL字と比べて良形の許容形が著しく減る。 良形なら採用してもいいはずだが、これを組まないといけないツモは殆どない気がするので、考慮に入れる必要があるのかはわからない。 連鎖尾を後に作り始めるときに、折返し下部の色制約の兼ね合いでこれを使わないといけない場面はあり得る。
良形。34列目にブロックを1個追加しても暴発しない形。 ◎●◎|◎●◎|◎○●|○×◎|◎×◎|◎×○|◎×◎|×○×|×◎○|×◎○| ●◎●|●○●|◎●●|×○◎|×◎◎|◎○×|×◎○|×◎○|×◎○|×◎○| ◎○●|○◎●|●◎○|×◎×|×○×|○◎×|◎○×|◎×○|◎×○|◎×◎| ○●○|○●○|◎●○|○●○|○●○|◎●×|○●×|◎●◎|×●◎|×●○| ●●○|●●◎|●●○|●●◎|●●○|●●○|●●○|●●○|●●○|●●○|
普通形。34列目にブロックを1個追加すると暴発するが得点ロスが少ない。 ◎●●|◎●●|◎●●|◎××|◎×◎|○×◎|◎×○|×○◎| ●○●|●○●|●◎●|×○◎|×◎○|×○○|×○○|×◎○| ○◎○|○◎◎|◎○◎|×◎○|×○×|×◎●|×◎×|◎×○| ◎●○|◎●○|○●○|◎●○|◎●○|◎●○|◎●○|◎●○| ●●◎|●●○|●●○|●●○|●●○|●●◎|●●◎|●●×|
悪形。34列目にブロックを1個追加すると暴発する。得点ロスも大きい。 ◎○●|●●◎|●●◎|●●◎|●●◎|×◎×|×○◎|××○| ●●○|●○◎|●○◎|●◎◎|●○○|◎○×|××○|×◎○| ●◎○|○◎●|○◎●|○○●|○◎●|◎×○|◎◎○|◎×○| ◎●○|◎●○|○●○|○●◎|◎●○|◎●○|◎●○|◎●◎| ●●◎|●●○|●●◎|●●○|●●◎|●●○|●●×|●●○| 「●」の組が同色の場合は悪形。 ◎●◎|○●◎|◎●●|◎●◎|○●◎|◎●○| ●◎◎|●○◎|●○◎|●◎○|●○○|●○○| ●○●|●◎●|●◎○|●○●|●◎●|●◎●| ○●○|○●○|◎●○|◎●○|◎●○|◎●○| ●●○|●●◎|●●○|●●○|●●◎|●●◎|
優先する良形の連鎖尾と手順。 全ての許容形を考慮する必要はなく、よく使うものだけを厳選したほうがノータイムで置ける。 良形。 ●◎◎|●◎◎|●●◎|●●◎|◎◎●|●●◎|××◎|●◎◎|●◎◎| ○●●|○●●|○◎●|○◎●|○●●|○◎◎|○◎◎|◎●○|○●◎| ◎○●|◎○●|◎○●|◎○●|◎○◎|◎○●|◎○×|◎○●|◎○●| ●○◎|●○○|●○◎|●○○|●○●|●○●|●○○|●○●|●○●| ●●○|●●◎|●●○|●●◎|●●○|●●○|●●×|●●○|●●○| ●◎◎|●◎◎|●●◎|●●◎|◎◎×|××◎|××◎|×◎◎|×◎◎| ○●●|○●●|○◎●|○◎●|○××|○◎◎|○◎◎|◎×○|○×◎| ◎○●|◎○●|◎○●|◎○●|◎○◎|◎○×|◎○×|◎○×|◎○×| ●●◎|●●○|●●○|●●○|●●×|●●×|●●×|●●×|●●×| ●○○|●○◎|●○◎|●○◎|●○○|●○○|●○○|●○○|●○○| これは暴発しやすい悪形。ツモによっては採用する。 ◎●◎|◎◎×|◎×◎|◎×◎|◎◎×|◎×◎| ○◎●|○◎×|○◎×|○◎×|○◎×|○◎×| ◎○●|◎○×|◎○×|◎○×|◎○×|◎○×| ●○●|●○○|●○○|●●×|●●○|●●○| ●●○|●●×|●●×|●○○|●○×|●○×| ------------------------------ 上記図の良形を目指すために、下記図の形を優先して組む。 ___|___|___|___| ●○×|●○○|●●×|●●○| ●●○|●●×|●○○|●○×| 更に進める。 _○_|_○_|_○_|_○_| ●○×|●○○|●●×|●●○| ●●○|●●×|●○○|●○×| 更に進める。 ◎○_|◎○_|◎○_|◎○_| ●○×|●○○|●●×|●●○| ●●○|●●×|●○○|●○×| 更に進める。 ○__|○__|○__|○__| ◎○_|◎○_|◎○_|◎○_| ●○×|●○○|●●×|●●○| ●●○|●●×|●○○|●○×| ------------------------------ 「◎」の位置の色は同色でも良形を目指せるが、道中で横3が並ぶ形にした場合は少し暴発しやすい。 ○__|○__|○__|○__|○__| ◎○_|◎○_|◎○_|◎○_|◎○_| ●○◎|●○○|●●◎|●●○|●●◎| ●●○|●●◎|●○○|●○◎|●○○| ------------------------------ その他、ツモによってよく採用する形。 ___|●◎◎|●◎●| ___|◎●●|◎●●| ___|○◎●|○◎◎| ●○○|●○○|●○○| ●●○|●●○|●●○| ___|●◎●|◎●◎|●◎◎|◎●●| ___|◎●◎|●◎●|◎●●|●◎●| _○_|◎○●|◎○●|◎○●|◎○◎| ●●○|●●○|●●○|●●○|●●○| ●○○|●○○|●○○|●○○|●○○| ___|◎●◎|◎●●|◎×◎| _○_|●○●|●○●|×○×| _○_|◎○●|◎○◎|×○◎| ●◎○|●◎○|●◎○|●◎○| ●●○|●●○|●●○|●●○| ___|×◎◎|●◎●|●◎◎| ○__|○××|○●●|○●●| _○_|×○◎|◎○◎|◎○●| ●◎○|●◎○|●◎○|●◎○| ●●○|●●○|●●○|●●○| ___|×◎◎|×◎◎|××◎|×◎×|×◎◎| ___|○××|○×◎|○◎◎|○××|○××| _○○|×○○|×○○|×○○|◎○○|◎○○| ●_○|●◎○|●×○|●×○|●◎○|●×○| ●●◎|●●◎|●●◎|●●◎|●●◎|●●◎| ○__|○◎●|○●●|○●◎|○◎◎| _○_|●○●|●○◎|●○●|×○×| __○|◎●○|◎●○|◎●○|◎×○| ●_○|●◎○|●◎○|●◎○|●×○| ●●◎|●●◎|●●◎|●●◎|●●◎| ___|◎●●|◎●◎|◎×◎| ___|●◎●|●◎●|×◎×| _○○|◎○○|◎○○|×○○| ●●○|●●○|●●○|●●○| ●○◎|●○◎|●○●|●○◎| ___|◎●●|●◎◎| ___|●◎●|◎●●| ○○_|○○◎|○○●| ●●_|●●◎|●●◎| ●○○|●○○|●○○| ___|◎●●|●◎◎| ___|●◎●|◎●●| ○○_|○○◎|○○●| ●○_|●○◎|●○◎| ●●○|●●○|●●○| _◎_|○◎●|○◎○| _◎_|●◎●|×◎×| __◎|○●◎|○×◎| ●_◎|●○◎|●○◎| ●●○|●●○|●●×|
5段パーツ土台の同時消し連鎖尾パーツをkenny式で活用する例。 ___○◎○/___○◎○/___○◎○/___○◎×/___○◎×/ __●●○●|__●●○●|__●●○●|__●●○●|__●●○●| ●_●○◎◎|●_●○◎◎|●_●○◎◎|●_●○◎◎|●_●○◎◎| ○◎●○◎●/○◎●○◎●/○◎●○◎●/○◎●○◎●/○◎●○◎●/ ●○◎●○●|●○◎●○●|●○◎●○●|●○◎●○●|●○◎●○●| ○◎●○◎●|○◎●○◎●|○◎●○◎●|○◎●○×●|○◎●○×●| ◎○◎●○◎|◎○◎●○◎|◎○◎●○◎|◎○◎●○×|◎○◎●○×| ◎○◎●○◎|◎○◎●○◎|◎○◎●○◎|◎○◎●○×|◎○◎●○×| ◎●●○●●/◎●●○●●/◎●●○●●/◎●●○◎◎/◎●●○◎◎/ ●◎○◎○○|●◎○●○○|●◎○◎○●|●◎○◎○○|●◎○●○○| ○●◎●◎○|○●◎●◎○|○●◎●◎○|○●◎●◎○|○●◎●◎○| ○●◎○◎◎|○●◎○○◎|○●◎○◎○|○●◎○●●|○●◎○○◎| ○●◎○○●|○●◎○◎◎|○●◎○○◎|○●◎○○●|○●◎○●●| ___○◎×/___○◎×/ __●●○●|__●●○●| ●_●○◎◎|●_●○◎◎| ○◎●○◎●/○◎●○◎●/ ●○◎●○●|●○◎●○●| ○◎●○×●|○◎●○×●| ◎○◎●○×|◎○◎●○×| ◎○◎●○×|◎○◎●○×| ◎●●○◎◎/◎●●○◎○/ ●◎○●○◎|●◎○●◎○| ○●◎●◎○|○●◎●○◎| ○●◎○●○|○●◎○●◎| ○●◎○○●|○●◎○○●|
折返し下部パーツ。 4列目受け口1段2段に対応できる許容形。 ___|___|___|___|___|___|___|___|___| _●●|_●●|_●●|_●●|_●●|_●×|_●×|_●×|_○×| ●◎◎|●◎◎|●◎×|●○×|●○×|●○●|●○●|●○●|○○●| ◎●×|◎●×|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎◎|◎◎○|◎◎○|◎◎○| ○○●|○○●|○○○|○◎○|◎○○|○○○|○◎○|◎○○|◎○○| ○●●|●○●|●●●|●●●|●●●|●●●|●●●|●●●|●●●| ___|___|___|___|_○○|___| _●×|_●×|_◎×|_●●|○●●|___| ●○●|●◎●|××●|●○×|◎●×|◎○×| ●◎◎|●◎◎|×◎◎|◎○●|◎◎●|◎◎●| ◎○○|○○○|○○○|◎◎○|○○○|○○○| ●●●|●●●|●●●|●●●|●●●|●●●| ___|___|___|___|___| _●●|_○○|_○×|_●×|_●×| ●◎×|○●×|○●●|××●|×○●| ◎●●|◎◎●|○◎◎|×○○|××○| ◎○○|◎○○|◎○○|◎◎◎|◎◎◎| ○●●|○●●|○●●|○●●|○●●| ●○×|_●×|_○×|_◎×|_○×|_●×|_●×|_●×|_●×| ●◎●|●○●|○◎●|○○●|○○●|●○●|●○●|●○●|●○●| ●◎●|●◎●|○◎●|○◎●|◎◎●|◎◎●|◎○●|●◎●|●○●| ○◎○|◎◎○|◎○○|◎○○|◎○○|○◎○|◎◎○|○◎○|◎◎○| ●●○|●●○|●●○|●●○|●●○|●●○|●●○|●●○|●●○| _◎×|_◎×|×○×|×◎×|_◎×| ×◎●|××●|××●|××●|◎◎●| ××●|◎×●|◎◎●|◎◎●|×○●| ◎○○|◎○○|◎○○|◎○○|××○| ●●○|●●○|●●○|●●○|●●○| ___|___|___|___|___|___|___| _●×|_●×|_●×|_●×|_●●|_●×|_●×| ●○●|●○●|●○●|●○●|●○×|●○●|●○●| ●○●|●◎●|●○●|●◎○|◎◎●|●◎○|●◎◎| ◎◎○|◎○○|◎●○|◎○○|○◎○|○◎◎|○◎○| ◎●○|◎●○|◎◎○|◎●●|○●●|○●●|○●●| ___|___|___|___|_○○| ×●×|×●×|_○×|●○○|○●●| ×○●|×○○|○●●|●◎◎|◎●×| ×◎○|×◎○|○◎◎|◎●×|◎○●| ◎○○|◎○●|××◎|○○●|◎○○| ◎●●|◎●●|×●●|○●●|●●●| ___| ×◎×| ×○●| ×○●| ◎○◎| ◎●●|
折返し下部パーツ。 4列目受け口1段2段3段に対応できる許容形。 4列目受け口3段のkenny式でも採用可能な形。 図1 図2 図3 図4 ___|___|___|___|___|___|___|___|___|___| _○○|◎●×|●○×|●○×|_●×|_●×|_○×|_◎×|_◎×|×◎×| ○●×|◎○●|●◎●|●◎●|●○●|●◎●|○○●|◎◎●|××●|××●| ◎○●|◎●○|●◎●|●◎●|◎◎●|●◎●|◎◎●|×○●|◎×●|◎◎●| ◎○●|●○●|○◎○|○◎○|○◎○|◎○○|◎○○|××○|◎○○|◎○○| ◎○●|●○●|○●●|●●○|○●●|○●●|○●●|○●●|○●●|○●●| ___|___|___|___|___|___|___|___| _◎×|_◎×|×●×|×●×|_●×|_●×|×●×|_●×| ××●|×◎●|×○●|×○●|×○●|×○●|×○●|××●| ×◎●|××●|×◎●|×◎●|×◎●|×◎○|×○●|×○●| ◎○○|◎○○|◎○○|◎◎○|×◎○|×○●|◎◎○|◎◎○| ○●●|○●●|◎○●|○○●|◎○●|◎○●|○◎●|◎○●| 図1。折返し下部で一番優秀な許容形はこの階段折返しになり、それがkenny式の強さを表している。 図2。カギ積み折返しをパーツに組み込めるのは面白い。kenny式の折返し下部で1,3列目が同色になったときの回避形としても使える。この形は1列目や2列目に「青」を縦2個追加すると暴発するので優劣でいえば階段折返しより劣る。 図3図4。折返しが2段受け口になっているのが優秀。3列目の青が青2つで暴発するのは欠点。
折返し下部パーツの形の選択。 図1 図2 ______|______| _●●___|_●●◎○○| ●◎◎___|●◎◎●◎◎| ◎●×___|◎●×○●◎| ○○●___|○○●××●| ○●●___|○●●×●○| 図1。受け口1段2段専用の形として、初めの頃はこの形が一番優れていると思っていたが、連鎖尾との兼ね合いに欠点がある。 図2。3列目に「◎」が1個あるだけで連鎖尾の「◎」を巻き込んで暴発する。 この折返しの形を使うなら、折返しの「◎」と、連鎖尾の4列目5段目の色はなるべく同色を避けたい。
図3 図4 図5 図6 図7 ___|___|___|___|______| _○○|_●●|_●●|_●●|_●●×○○| ○●×|●◎×|●○×|●○×|●◎×●××| ◎○●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●○●×| ◎○●|○○○|○◎○|◎○○|○○○××●| ◎○●|●●●|●●●|●●●|●●●×●○| 図3図4図5図6。連鎖尾(図7)との兼ね合いもよく、連鎖尾の色を巻き込む危険性は少ない。 図7。強いて挙げれば、3列目に「×」2個で連鎖尾の「×」を巻き込んで暴発することだけ。 結論として、kenny式(図3)の折返しはこの図3-6の中で最も色制約が少ないので、kenny式基本形の折返し下部パーツは最も優れた形の1つと言える。
折返し下部パーツと上部パーツとkenny式の関係。 kenny式の折返しパーツと輪郭に互換性があるためkenny式へ流用することもできる。 右上の「×」が発火点。 ___/___/___/ ◎__|◎__|___| ○__|○__|◎__| ◎__/◎__/○●_/ ●○●|●○●|◎○●| ○●×|○●×|○●×| ●○●|●○●|●○●| ●○●|●○●|●○●| ●◎◎/●◎◎/●◎◎/ ◎●×|◎○○|◎__| ○◎●|○●×|___| ○◎●|◎◎●|___| ○◎●|◎●●|___|
折返し上部パーツ。許容形。 3色で作れる形は色制約が少なく良形。
良形。3色で作れる。ブロックを1個追加しても暴発しない。 ___|___|___|___|___|___|___|___|___|___| ◎__|◎__|◎__|◎__|◎__|◎__|◎__|◎__|◎__|◎__| ○◎_/○◎_/○◎_/○●_/○●_/○●_/○●_/○●_/○●_/○◎_/ ●○●|●○●|●○●|●◎●|●◎●|●◎○|◎○●|●◎○|●◎●|●○●| ○●×|●○×|●○×|○○×|◎○×|◎○●|○●×|◎○●|○○×|●○×| ●○●|○●●|◎●●|○●●|○●●|○●×|◎○●|●●×|●●●|○●●| ◎○●|◎○●|○○●|◎○●|○○●|○●●|●○●|○○●|◎○○|◎●○| ●◎◎/●◎◎/●◎◎/●◎◎/●◎◎/●◎◎/●◎◎/●◎◎/●◎◎/●◎◎/ ●○○|●○○|●○○|●○○|●○○|●○○|●○○|●○○|●○○|●○○| ○●×|○●×|○●×|○●×|○●×|○●×|○●×|○●×|○●×|○●×| ◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●| ◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●| ___/___/___/___/___/___/___/___/ ___|___|___|___|◎__|___|___|___| ◎__|◎__|◎__|◎__|○__|◎__|◎●_|◎__| ○◎_/○●_/○●_/○●_/●__/○◎_/○◎_/○_●/ ●○◎|●◎●|●◎●|●◎○|●○◎|●○◎|○●○|●◎○| ●◎×|◎●○|◎○●|◎○●|○◎●|●○●|●○×|●○×| ○◎◎|○○×|○●×|●●×|●●×|○●×|◎○○|◎●○| ◎○○|◎●○|○●○|○●○|●○◎|◎○●|◎●●|◎●○| ●◎◎/●◎●/●◎◎/●◎◎/○●◎/●◎●/●◎●/●◎●/ ●○○|●○○|●○○|●○○|●○○|●○○|●○○|●○○| ○●×|○●×|○●×|○●×|○●×|○●×|○●×|○●×| ◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●| ◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●| * * * * ___/___/___/___/___/___/___/___/___/ ___|___|◎__|◎__|◎__|◎__|___|___|___| ◎__|◎__|○__|○__|○__|○__|◎__|◎__|◎__| ○◎_/○◎_/●__/●__/●__/●__/○◎_/○◎_/○◎_/ ●○●|●○●|○○◎|◎◎●|◎◎●|◎◎●|×●○|×●○|×●○| ◎●×|○●×|●◎●|○○×|○○●|○○●|◎●×|◎●○|◎●○| ○●●|○●●|●●×|●●●|●●×|●●◎|●○○|●○×|●○◎| ○○◎|◎○◎|○○◎|○○◎|○○◎|○○×|●○◎|●○◎|●○×| ●●◎/●●◎/●●◎/●●◎/●●◎/●●◎/××◎/××◎/××◎/ ●○○|●○○|●○○|●○○|●○○|●○○|×○○|×○○|×○○| ○●×|○●×|○●×|○●×|○●×|○●×|○●×|○●×|○●×| ◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●| ◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●| 1個で暴発 ___/ ◎__| ○__| ●__/ ◎○●| ○○●| ●●×| ○◎◎| ●●◎/ ●○○| ○●×| ◎◎●| ◎●●|
折返し下部の「○」の位置が同色の場合の形。この色配置はよく現れる。 ___/___/___/___/___/___/ ◎__|◎__|◎__|◎__|◎__|◎__| ○__|○__|○__|○__|○__|○__| ◎__/◎__/◎__/◎__/◎__/◎__/ ●◎○|●◎○|●◎○|●◎◎|●◎○|●◎○| ○○×|◎○×|◎●×|◎●○|◎◎○|◎○×| ◎◎○|◎○○|◎○○|◎○×|○○×|◎●○| ◎●●|◎●●|◎○●|○○●|◎●●|◎●○| ●◎◎/●◎◎/●◎◎/●◎◎/●◎◎/●◎◎/ ○○◎|○○◎|○○◎|○○◎|○○◎|○○◎| ○●○|○●○|○●○|○●○|○●○|○●○| ◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●| ◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●| ___/___/___/___/___/ ___|___|___|___|___| ◎__|◎__|◎__|◎__|◎__| ○◎_/○◎_/○◎_/○◎_/○◎_/ ◎●○|●●○|◎●○|◎●○|◎●○| ○○×|◎◎×|●◎×|●◎×|●◎×| ◎◎○|◎○○|◎○○|●○○|●◎○| ●◎●|●◎○|◎◎○|◎◎○|◎○○| ◎●◎/◎●◎/●●◎/◎●◎/◎●◎/ ○○◎|○○◎|○○◎|○○◎|○○◎| ○●○|○●○|○●○|○●○|○●○| ◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●| ◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●| ___/___/___/___/___/___/___/ ___|___|___|___|◎__|___|___| ◎__|◎__|◎__|◎__|○__|◎__|◎__| ○◎_/○◎_/○◎_/○◎_/◎__/○◎_/○◎_/ ◎●○|◎●○|◎●○|◎●●|○◎○|◎●○|◎●○| ●◎×|●◎×|●◎×|●◎○|●●○|○◎×|○◎×| ◎○○|◎●○|○○○|○○×|●◎×|◎○○|●○○| ◎●○|◎○○|◎◎●|◎◎○|◎○○|◎◎○|◎◎○| ◎●◎/◎●◎/◎●◎/◎●◎/◎●◎/●●◎/◎●◎/ ○○◎|○○◎|○○◎|○○◎|◎○◎|●○◎|●○◎| ○●○|○●○|○●○|○●○|○●○|○●○|○●○| ◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●| ◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●| 4色必要。 ___/___/___/___/___/___/___/ ◎__|___|___|___|___|___|___| ○__|◎__|◎__|◎__|◎__|◎__|◎__| ◎__/○◎_/○◎_/○◎_/○◎_/○◎_/○◎_/ ○◎○|◎●○|◎●○|◎×○|◎×○|●×○|◎●○| ●×○|○×○|○×○|●○×|●○×|×○×|●×○| ●×○|●○×|●○×|●×○|××○|××○|●○×| ×○×|●×○|××○|××○|●×○|●●○|××○| ×●◎/××◎/●×◎/●●◎/●●◎/◎●◎/●×◎/ ●○◎|●○◎|●○◎|○○◎|○○◎|○○◎|○○◎| ○●○|○●○|○●○|○●○|○●○|○●○|○●○| ◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●| ◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|
悪形。1ブロック追加で暴発する。 ___|___|___|___|___|___|___|◎__|◎__| ◎__|◎__|◎__|◎__|◎__|◎__|◎__|○__|○__| ○●_/○●_/○●_/○●_/○○_/○×_/○×_/×__/●__/ ●◎●|●◎◎|●◎○|●◎○|●○●|×○◎|×◎◎|○○●|●×◎| ◎○×|○○●|●○●|●○●|◎●×|○◎●|●○●|○●◎|×◎●| ●●●|●●×|◎●×|○●×|○●●|○●×|●●×|◎◎×|●●◎| ○○○|○○●|○●●|○●●|○◎◎|◎●●|○○○|◎○●|×●×| ●◎◎/●◎◎/○◎◎/◎◎◎/●●◎/○×◎/×◎◎/××●/●×◎/ ●○○|●○○|●○○|●○○|●○○|×○○|×○○|×○○|●○○| ○●×|○●×|○●×|○●×|○●×|○●×|○●×|○●×|○●×| ◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●| ◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|
悪形ではないが4色必要。 ◎__|___|___|___|___|___|___|___|___| ○__|◎__|___|×__|◎__|◎__|◎__|◎__|◎__| ×__/○●_/◎×●/○_●/○●_/○●_/○●_/○●_/○●_/ ○○◎|×◎○|○●○|×◎○|×◎◎|×◎○|×●◎|×●◎|×●◎| ●◎●|●○×|◎○×|×●×|×○○|×○×|×○○|×○○|×○○| ●●×|○○◎|×○○|○○○|●○×|●○○|×○×|●○×|●○×| ○×◎|●×◎|×◎●|◎◎●|●◎○|●◎◎|◎◎○|◎◎○|◎◎○| ○×◎/●×◎/×◎●/×◎●/●×◎/●×◎/●●◎/×●◎/●×◎/ ×○○|×○○|◎○○|×○○|×○○|×○○|×○○|×○○|×○○| ○●×|○●×|○●×|○●×|○●×|○●×|○●×|○●×|○●×| ◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●| ◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●| ___|___|___|___|___|___|___|___|___| ◎__|◎__|◎__|◎__|◎__|◎__|___|___|◎__| ○●_/○●_/○●_/○◎_/○◎_/○◎_/◎×●/◎×●/○×_/ ×●◎|×●○|×◎○|×●◎|××◎|×●○|○●○|○●○|×◎○| ×◎○|×◎○|×◎×|◎●○|◎●○|×○×|◎○×|◎○×|◎○●| ○○×|○○×|●○○|●○×|●○×|◎○○|×○○|×●○|○●×| ●◎○|●◎◎|●○◎|●○○|●○○|◎●●|×●●|×●○|●●○| ●×◎/●×◎/●×◎/××◎/×●◎/×◎●/×◎◎/×◎◎/×◎◎/ ×○○|×○○|×○○|×○○|×○○|×○○|◎○○|◎○○|×○○| ○●×|○●×|○●×|○●×|○●×|○●×|○●×|○●×|○●×| ◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●| ◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|
折返し上部パーツへ繋げるために消える右上の「×」位置は第2土台基準で1、2、3段目などに置ける形がある。 ___/___/___/___/___/ ___|___|___|___|___| ◎__|◎__|◎__|◎__|◎__| ○●_/○●_/○●_/○●_/○●_/ ●◎○|●◎○|●◎●|●◎●|●◎●| ◎○●|◎○●|○○×|○○●|○○●| ●●×|●●○|●●●|●●×|●●○| ○●○|○●×|◎○○|◎○○|◎○×| ●◎◎/●◎◎/●◎◎/●◎◎/●◎◎/ ●○○|●○○|●○○|●○○|●○○| ○●×|○●×|○●×|○●×|○●×| ◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●| ◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|
第2折下部パーツ。
第2折上部パーツ。

「2面用 5段パーツ土台」

2面用に第2土台を1段減らす。 半kenny式と同じ輪郭。 最後の形を同時消しにすると4000点減る。 ______/______/ ____○●|_____●| ____●◎|____○◎| ○__●○○/___●●○/ ×__●○◎|○◎_●◎○| ●○◎○◎◎|×○●○◎○| ○◎○●●●|○●○●●◎| ○◎◎○○○|◎○●○○●| ○●●◎●●/◎○●◎●◎/ ●××●◎◎|◎××●◎◎| ×●◎○●◎|×●◎○●●| ○○●◎○○|○○●◎○○| ○●●◎◎○|○●●◎◎○|
連鎖尾は1マス分無駄があってもよくて、1マス妥協形も許容形として採用する。 第2折は敷き詰めないため、連鎖尾の3連結があると暴発しやすく極力避けたい。 ______/______/______/______/______/ ____○×|____○×|____○×|____○×|____○×| ____●◎|____●◎|____●◎|____●◎|____●◎| ○__●○○/○__●○○/○__●○○/○__●○○/○__●○○/ ×__●○◎|×__●○◎|×__●○◎|×__●○◎|×__●○◎| ●○◎○◎◎|●○◎○◎◎|●○◎○◎◎|●○◎○◎◎|●○◎○◎◎| ○◎○×××|○◎○×××|○◎○×××|○◎○×××|○◎○×××| ○◎◎○○●|○◎◎○○●|○◎◎○○●|○◎◎○○●|○◎◎○○◎| ○●●◎●○/○●●◎●◎/○●●×●○/○●●◎●●/○●●◎●×/ ●××●◎◎|●××●◎○|●××○××|●××○◎◎|●××○◎●| ×●◎○●◎|×●◎○●◎|×●◎×○×|×●◎○×◎|×●◎○◎●| ○○●◎○○|○○●◎○◎|○○●◎●○|○○●◎○●|○○●◎○●| ○●●◎◎○|○●●◎◎○|○●●◎◎●|○●●◎◎○|○●●◎◎○|

「5段1余」

「5段1余(ごだんいちよ、こだんいちあまり)」。もしくは「5段1減(ごだんいちげん)」 5段で平らに収まる土台から、連鎖尾に1マス余裕がある形。 余裕分の1マスは連結で使うか無駄マスにする。 許容形を増やすための手段。 折返しに必要なキーブロックが1個増える。
基本形。 ●__○◎○/___○◎○/ ○_●●○●|●_●●○●| ×_●○◎◎|○_●○◎◎| ●_●○◎●/●◎●○◎●/ ◎○◎●○●|×○◎●○●| ○◎●○◎●|○◎●○◎●| ◎○◎●○◎|◎○◎●○◎| ◎○◎●○◎|◎○◎●○◎| ◎●●◎●●/◎××◎◎×/ ●××○◎◎|×●●××◎| ×●◎○◎●|●○◎○○◎| ○○●◎○●|○●●◎◎×| ○●◎◎○●|○●◎○○×|
折返し許容形。 _●●_|_●●_|_●●_|_●●_|_●●_|_●●_|_●●_| ●××_|●××_|●××_|●××_|●×◎_|●×◎_|●××_| ×○◎_|×●◎_|○×◎_|×●◎_|×●●_|×●●_|×○◎_| ○●●◎|○○●◎|○●●◎|○●●◎|○○○◎|×○○◎|○◎●◎| ○●◎◎|○●◎◎|○●◎◎|○○◎◎|●●◎◎|○●◎◎|○●●◎| _●●_|_●●_|_●●_|_●●_|_●●_|_●●_| ●×◎_|●×◎_|●××_|●××_|●×◎_|●×◎_| ××◎_|×○◎_|○●◎_|×●◎_|×●◎_|×●◎_| ○○●◎|×○●◎|○○●◎|○○●◎|○○●◎|○○●◎| ○●●◎|○●●◎|●●◎◎|●●◎◎|○●●◎|●○●◎|
「◎」のL字はY字や横3に置き換え可能。 _●●___|_●●___|_●●___| ●××___|●××___|●××___| ×●◎___|×●◎___|×●◎___| ○○●◎__|○○●◎◎_|○○●___| ○●◎◎__|○●◎___|○●◎◎◎_|
連鎖尾パーツ。左下の「●」から消す。
良形。34列目にブロック1個追加しても暴発しない。 ●○○|●○○|●○○|●○○|●○○|●○○|●○○|●○○|○●○|●○○| ◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|○●●|◎●●|◎●●|◎●○|◎●●| ○●○|◎●○|◎●◎|◎●○|◎●○|◎●○|◎●○|◎●○|◎○●|◎●○| ●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎○|●○◎|●○◎|●◎●|●◎○| ●○◎|●○◎|●○○|●○○|●◎○|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎| ●○○|●○◎|●○◎|●○○|●○○| ◎●●|○◎○|○◎○|○◎◎|○◎◎| ◎●○|○●●|○●●|○●●|○●●| ●◎○|●◎●|●◎●|●◎●|●◎●| ●◎○|●◎○|●◎◎|●◎○|●◎◎|
良形。Y字形。 ●●○|●○○|○●○|●●○|●●○|○○●|●○○| ○○●|○●●|●○●|◎○●|○○●|●●○|◎●●| ◎◎●|◎◎●|○◎●|◎○●|◎◎●|◎◎○|◎●○| ●●◎|●●◎|●●◎|●●○|●●○|●●○|●○○| ◎◎○|◎○●|◎◎●|◎◎◎|◎◎○|◎◎●|●◎◎| ○×○|○×○|○×○|○×○| ◎○×|◎×○|◎×○|◎×○| ◎○×|◎○×|◎○×|◎○×| ●●×|●●×|●●×|●●×| ◎◎◎|◎◎◎|◎◎×|◎◎×|
4列目に1個追加で暴発。 ○××|◎××|◎××|○××|○××|◎××|◎××|◎××|◎××|◎××| ◎○×|○○×|◎○×|◎○×|◎○×|◎○○|×○○|◎○×|◎○×|×○×| ×◎○|×◎○|×◎○|×◎○|×◎○|×◎○|○◎○|×◎○|○◎○|×◎○| ●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎○|●◎○|●◎◎| ●○×|●○×|●○○|●○○|●×○|●○×|●○×|●○×|●○×|●○○| ◎××|◎××| ○○×|○○×| ×◎○|×◎◎| ●◎◎|●◎○| ●○○|●○×| ●○○|●○○|●○○|●○○|●○○|○●●|◎●●|○●○|○●○|●○◎| ○●○|◎○●|◎●○|◎○●|◎●○|◎○●|◎○●|◎●○|◎○●|○◎◎| ◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|○◎○|○◎○|◎○●|◎○●|○●●| ●◎○|●○◎|●◎○|●◎○|●◎○|●◎◎|●◎◎|●○◎|●◎●|●◎●| ●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎○|●○●|●○●|●◎◎|●◎◎|●◎○| ●○○|●○○|●○○|●○○|●○○| ◎◎○|◎◎○|○◎○|◎●●|●○●| ○●●|○●●|○●●|○●◎|◎●●| ●◎●|●◎●|●◎●|●◎◎|●◎○| ●◎○|●◎○|●◎◎|●○○|●◎◎|
3列目に1個追加で暴発。 ●○◎|●○○| ◎◎○|◎◎◎| ○●●|○●●| ●◎●|●◎●| ●◎○|●◎○|
34列目に1個追加で暴発。 ●●○|●●○|●●○|●●○|●●○|○●○|●○○|●●○|××○| ◎●○|◎○●|◎●○|○●○|○●○|●●○|●●○|◎●○|×○○| ○○●|○○●|○○●|◎○●|◎○●|◎○●|◎○●|◎○●|◎◎×| ●◎◎|●◎◎|●◎●|●◎●|●○◎|●○◎|●◎●|●○◎|●●●| ●○◎|●○◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|◎◎○|

「5段 カギ積み土台」

5段カギ積み土台。 ___●○○/______/______/ __◎◎●◎|______|○_____| ○_◎●○○|______|◎◎____| ×_◎●○◎/○_____/○●____/ ◎○●◎●◎|◎○◎○◎●|○◎●○◎●| ○●◎●○◎|○●○◎●●|◎●○◎●●| ◎○●◎●○|●◎◎○◎×|●◎●○◎×| ◎○●◎●○|●●◎○◎×|●◎●○◎×| ◎×◎○◎●/◎○○××●/●○○××●/ ×●◎○◎●|◎●◎○◎●|◎●◎○◎●| ×○●◎○◎|◎○●◎○◎|◎○●◎○◎| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●| ______/___●_●/ ______|___○◎◎| ______|__○○●●| ○_____/◎_◎●◎◎/ ◎○●◎●◎|○○●◎○●| ×●◎●○◎|◎●◎○●●| ○○●◎●○|○○●◎○×| ×○●◎●○|◎○●◎○×| ××◎○◎●/◎●◎××◎/ ◎●◎○◎●|◎○◎○●◎| ◎○●◎○◎|○◎●◎○●| ◎○●○◎●|○◎●○●◎| ○●◎○◎●|◎●◎○●◎|
5段 カギ積み土台。折返し上部の許容形。右上の「×」発火点。 * = 「×」発火点の段差目のみ変わる形。 * ___|___|___|___|___| ○__/○__/○__/○__/○__/ ◎○◎|◎○◎|◎○●|◎○●|◎○●| ●●×|○●×|○●◎|○●◎|○●◎| ●◎◎|●◎◎|◎◎×|◎◎×|◎◎●| ○●◎|●●◎|●●◎|●◎●|●◎×| ◎○○/◎○○/◎○○/◎○○/◎○○/ ◎●◎|◎●◎|◎●◎|◎●◎|◎●◎| ◎○●|◎○●|◎○●|◎○●|◎○●| ○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎| ○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎| * * * * ___|___|___|___|___|___|___| ○__/○__/○__/○__/○__/○__/○__/ ◎○●|◎○◎|◎○◎|◎○◎|◎○◎|◎○◎|◎○◎| ○●◎|○●×|○●◎|○●◎|●●×|●●◎|●●◎| ●◎×|●◎◎|●◎×|●◎●|◎◎◎|◎◎×|◎◎●| ●◎◎|●◎●|●◎●|●◎×|○●●|○●●|○●×| ◎○○/◎○○/◎○○/◎○○/◎○○/◎○○/◎○○/ ◎●◎|◎●◎|◎●◎|◎●◎|◎●◎|◎●◎|◎●◎| ◎○●|◎○●|◎○●|◎○●|◎○●|◎○●|◎○●| ○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎| ○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎| * ___|___|___|___|___|___|___| _○_/_○_/_○_/_○_/_○_/_○_/_○_/ ○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎| ●◎×|◎●×|◎●×|◎●×|◎●×|◎●◎|◎●◎| ◎●◎|●◎◎|○◎◎|○◎◎|●◎◎|●◎×|●◎●| ○●◎|○●◎|●●◎|●◎●|○◎●|○◎●|○◎×| ◎○○/◎○○/◎○○/◎○○/◎○○/◎○○/◎○○/ ◎●◎|◎●◎|◎●◎|◎●◎|◎●◎|◎●◎|◎●◎| ◎○●|◎○●|◎○●|◎○●|◎○●|◎○●|◎○●| ○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎| ○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎| * * * * ___|___|___|___|___|___|___|___|___| ○__/○__/○__/○__/○__/○__/○__/○__/○__/ ◎○●|◎○◎|◎○◎|◎○◎|◎○◎|◎○◎|◎○◎|◎○◎|×○◎| ◎●◎|◎●×|◎●◎|◎●◎|◎●×|◎●◎|◎●×|○●◎|○●×| ○◎×|○◎◎|○◎×|○◎●|○◎◎|○◎×|○●◎|◎●×|×◎◎| ●◎◎|●◎●|●◎●|●◎×|●●◎|●●◎|●◎◎|●◎◎|●●◎| ●○○/●○○/●○○/●○○/●○○/●○○/●○○/●○○/●○○/ ◎●◎|◎●◎|◎●◎|◎●◎|◎●◎|◎●◎|◎●◎|◎●◎|×●◎| ◎○●|◎○●|◎○●|◎○●|◎○●|◎○●|◎○●|◎○●|×○●| ○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎| ○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎| * * * * * ___|___|___|___|___|___|___|___| ○__/○__/○__/○__/○__/○__/○__/○__/ ◎◎●|◎○●|◎○◎|◎○◎|◎○◎|◎●◎|◎●◎|◎●◎| ○●◎|◎●◎|◎●×|◎●◎|◎●◎|◎●×|◎●◎|◎●◎| ●◎×|●◎×|●◎◎|●◎×|●◎●|○◎◎|○◎×|○◎●| ●◎◎|●◎◎|●◎●|●◎●|●◎×|●◎●|●◎●|●◎×| ○○○/○○○/○○○/○○○/○○○/○○○/○○○/○○○/ ◎●◎|◎●◎|◎●◎|◎●◎|◎●◎|◎●◎|◎●◎|◎●◎| ◎○●|◎○●|◎○●|◎○●|◎○●|◎○●|◎○●|◎○●| ○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎| ○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎| * ___|___|___| ○__/○__/○__/ ◎○●|◎○●|×●●| ◎●◎|◎●◎|×◎◎| ●◎×|●◎●|○◎×| ◎◎●|◎◎×|●●◎| ○○○/○○○/○○○/ ◎●◎|◎●◎|×●◎| ◎○●|◎○●|×○●| ○●◎|○●◎|○●◎| ○●◎|○●◎|○●◎| ___|___|___|___|___|___| ○__/○__/○__/○__/_○_/○__/ ◎○●|×○●|××●|×○●|○●◎|××●| ◎●◎|×◎◎|○○◎|×○◎|×◎×|○○◎| ○◎×|○◎×|●●×|●●×|●●◎|●●×| ●◎◎|●●◎|◎◎◎|◎◎◎|○●◎|◎◎◎| ○○●/○○●/○○●/○○●/×○○/●○○/ ◎●◎|×●◎|×●◎|×●◎|×●◎|×●◎| ◎○●|×○●|×○●|×○●|×○●|×○●| ○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎| ○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎| ___|___|___|___|___|___| ○__/○__/○__/○__/○__/_○_/ ×○●|×○●|×○●|×○●|×●◎|○●◎| ×○◎|○●◎|◎●◎|○●◎|×◎●|×◎●| ◎◎×|●◎×|◎◎×|◎◎×|○◎×|○◎×| ●●◎|◎◎●|○●●|◎●●|●◎●|●◎●| ○○●/×○○/×○○/×○○/○○○/×○○/ ×●◎|×●◎|×●◎|×●◎|×●◎|×●◎| ×○●|×○●|×○●|×○●|×○●|×○●| ○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎| ○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎| ___|___|___|___|___|___|___|___|___|___| ○__/○__/○__/○__/○__/○__/○__/○__/○__/○__/ ×○○|×○◎|×○◎|×○◎|×○○|×◎○|×○○|×○○|×○○|×○○| ◎◎●|○◎○|×◎○|×◎○|×◎●|×◎●|×◎●|×◎●|×◎●|×◎●| ◎●×|◎●●|○●●|◎●●|◎●×|○●×|○●×|○●×|○●×|◎●×| ○◎●|◎●×|◎●×|◎●×|◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●|○◎●|○◎●| ×○●/×○●/◎○●/○○●/○○●/○○●/◎○●/○◎●/◎◎●/○◎●/ ×●◎|×●◎|×●◎|×●◎|×●◎|×●◎|×●◎|×●◎|×●◎|×●◎| ×○●|×○●|×○●|×○●|×○●|×○●|×○●|×○●|×○●|×○●| ○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎| ○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|
悪形。1ブロック追加で暴発する形。 ___|___|___|___|___|___|___|___| ○__/○__/○__/○__/○__/○__/○__/○__/ ◎○●|◎○●|◎○◎|◎○◎|×●◎|××◎|×●◎|◎●◎| ○●◎|●●◎|○●◎|○●×|×◎×|○●×|×◎×|◎●×| ○◎×|◎◎×|◎◎×|◎◎◎|○◎◎|◎◎◎|○●◎|○◎◎| ●◎◎|○●◎|●●●|●●●|●●○|●●○|●●◎|●●◎| ◎○●/◎○○/◎○○/◎○○/●○○/●○○/○○○/○○○/ ◎●◎|◎●◎|◎●◎|◎●◎|×●◎|×●◎|×●◎|◎●◎| ◎○●|◎○●|◎○●|◎○●|×○●|×○●|×○●|◎○●| ○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎| ○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|
折返し下部。 ___/___/___/___/___/___/ ___|___|___|___|___|___| ___|___|___|___|___|___| ◎__/○__/○__/○__/○__/○__/ ○○●|◎○●|◎○●|×○●|◎○●|◎○●| ◎●×|×●×|◎●×|◎●×|×●×|×●×| ○○●|○○●|×○●|○○●|○○●|○○●| ◎○●|×○●|○○●|◎○●|×○●|×○●| ◎●◎/×●◎/×●◎/◎●◎/×●◎/×●◎/ ◎○◎|×○◎|×○◎|◎×◎|×○◎|×○◎| ○◎●|◎◎●|×◎●|×○●|◎◎●|◎○●| ○◎●|◎○●|◎○●|×○●|◎○●|◎◎●| ◎●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎| ___/ ___| ___| ◎__/ ○○●| ×●×| ○○●| ×○●| ×●◎/ ×◎◎| ○○●| ○◎●| ◎●◎| ______/______/______/______/ ______|______|______|______| ______|______|______|______| ◎_____/______/○_____/○_____/ ○○●◎○●|○○●◎○●|◎×●◎○●|◎×●◎○●| ◎●◎○●●|◎×◎○●●|○×◎○●●|○×◎○●●| ○○●◎○×|×●●◎○×|×●●◎○○|×●●◎○○| ◎○●◎××|××●◎××|○×●◎××|○×●◎××| ◎○◎×◎◎/○○◎×◎◎/○○××◎◎/○○××◎◎/ ○◎◎○●◎|○●◎○●◎|◎●◎○●◎|◎●◎○●◎| ○○●◎○●|◎○●◎○●|◎○●◎○●|◎○●◎○●| ○◎●◎○●|◎○●◎○●|◎○●◎○●|◎○●◎○●| ◎●◎○●◎|◎○●○●◎|○●◎○●◎|○●◎○●◎|

半kenny式

第2折を組み切る前の段階で相手の攻撃に対応しやすい。 対応のために第2折部分を何度崩しても、土台を巻き込まずに粘り強く対応し第2折を作り直せる。 土台を巻き込みにくい理由は1色を4,5,6列目に敷いて土台をガードしているからで、不機嫌GTRの形も4,5,6列目のガードを消さなければ同じ効果がある。 ______/______/ ______|______| ______|______| ●_____/●_____/ ◎_____|◎_____| ●○◎×__|●○◎×__| ○◎×●●_|○◎×●●●| ●○◎××●|●○◎×××| ●○◎○●○/●○◎○●○/ ●◎○◎○○|●◎○◎○○| ○●◎○◎●|○●◎○◎●| ○●◎○◎●|○●◎○◎●| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|

4段カギ

標準カギ積み。 折返し上部で対応ネタを用意する。 第2折は落下速度が遅ければハチイチツモを12段目に縦置きして13段目も使う。 _____×/ ___○◎●| ___○◎●| ___×○◎/ _××○◎●| ○○●◎○●| ◎●◎○××| ○○●◎○×| ◎○●◎○●/ ◎●◎○◎●| ◎○●◎○◎| ○●◎○◎●| ○●◎○◎●|

カギ積み半kenny式。半5段カギ。

半kenny式の効果を持つ形を目指したカギ積み。 2面で階段積みよりカギ積みを組みたい人向けの形。 「×」の部分が土台をガードしているため、土台を巻き込まずに粘り強く対応しやすいかもしれない。 半kenny式のほうは、折返し部分が2個分盛り上がるため、最上部で単発消しや対応をするときにキーぷよが巻き込まれて再乗せしないといけない場面が発生する。 それと比較すると半kennyライクのカギ積みは折返しが平らなので、最上部でキーぷよを巻き込まずに対応を作りやすい。 しかし、第2折が2個分多いため第2折での対応がしづらくなるかもしれない。 5列目に1個追加で暴発するのも注意。 半kenny式も6列目に1個追加で暴発するので暴発リスクはそこまで差は無い。 半kenny式でよく使われる第2折に新GTRや不機嫌GTRの形も可能だが連鎖尾に1個後乗せが必要。 第2折が不機嫌GTRなら第2折でさらに1個後乗せするか、折返し側が1個盛り上がる形になる。 連鎖尾の後乗せを忘れやすい。 ______/______/______/______/ ______|______|______|______| ______|______|______|______| ______/______/______/______/ ______|○_____|○_____|○_____| ○○●◎__|◎○●◎__|◎○●◎__|◎○●◎__| ◎●◎○○○|○●◎○○_|○●◎○○○|○●◎○○○| ○○●◎◎×|●●◎◎×○|●●◎◎××|●●◎◎××| ◎○●××●/◎○○×●×/◎○○×●●/◎○○×◎●/ ◎●◎○◎●|◎●◎○◎●|◎●◎○◎●|◎●◎○◎●| ◎○●◎○◎|◎○●◎○◎|◎○●◎○◎|◎○●◎○◎| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎◎|○●◎○●◎| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○●×|○●◎○●×| ______/______/______/______/______/ ______|______|______|______|______| ______|______|______|______|______| ______/______/______/______/______/ ○_____|○_____|○_____|○_____|○_____| ◎○●◎__|◎○●◎__|◎○●◎__|◎○●◎__|◎○●◎__| ○●◎○○○|○●◎○○○|○●◎○○○|○●◎○○○|○●◎○○○| ●●◎◎××|●●◎◎××|●●◎◎××|●●◎◎××|●●◎◎××| ◎○○×●●/◎○○×●×/◎○○×●×/◎○○×●×/◎○○×●●/ ◎●◎○××|◎●◎○×●|◎●◎○×●|◎●◎○×●|◎●◎○◎◎| ◎○●◎○○|◎○●◎○×|◎○●◎○×|◎○●◎○●|◎○●◎○◎| ○●◎○●×|○●◎○●×|○●◎○××|○●◎○××|○●◎○◎●| ○●◎×●×|○●◎○●×|○●◎○●●|○●◎○●×|○●◎○×●|
第2折伸ばし例。15連鎖。 新GTRの場合は連鎖尾の「×」を3,4,6列目に1個後乗せする。 連鎖尾の「●」を5列目に1個置き、不機嫌GTRにするのも優秀。 この場合は折返しが側1段盛り上がる 不機嫌GTRの場合は3,4,5,6列目に連鎖尾の「×」を後乗せできる。 第2折を不機嫌GTRにする場合の第1折の許容形はいくつかある。 _____×/_____×/______/_____×/ ____◎○|_____○|____×○|_____○| ____◎●|___○◎●|____◎●|____◎●| ___○○◎/___○○◎/___○○◎/___○○◎/ ___○◎●|___◎●◎|○__○●◎|__●○◎◎| ○○●◎●●|○○●◎●◎|◎○●◎●◎|○○●◎●●| ◎●◎○○○|◎●◎○○●|○●◎○○●|◎●◎○○●| ○●●◎◎×|○●●◎×○|●●◎◎×○|○●◎◎×○| ◎○○××●/◎○○×●×/◎○○×●×/◎○○×●×/ ◎●◎○◎●|◎●◎○◎●|◎●◎○◎●|◎●◎○◎●| ◎○●◎○◎|◎○●◎○◎|◎○●◎○◎|◎○●◎○◎| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●|
新GTRや不機嫌GTR以外の形。 _____○/______/_____○/____●○/______/ ____◎●|____◎○|____◎●|____◎●|____◎●| ____○●|___○○●|____○◎|____○◎|___××◎| ___○◎◎/___○◎◎/___○○◎/____○◎/___×○◎/ ___○●◎|___●●◎|___●●◎|___○●◎|___●●◎| ○○●◎○●|○○●◎○●|○○●◎○●|○○●◎○●|○○●◎●○| ◎●◎○○×|◎●◎○○×|◎●◎○○×|◎●◎○○×|◎●◎○○×| ○●●◎◎×|○●●◎◎×|○●●◎◎×|○●●◎◎×|○●●◎◎×| ◎○○××●/◎○○××●/◎○○××●/◎○○××●/◎○○××●/ ◎●◎○◎●|◎●◎○◎●|◎●◎○◎●|◎●◎○◎●|◎●◎○◎●| ◎○●◎○◎|◎○●◎○◎|◎○●◎○◎|◎○●◎○◎|◎○●◎○◎| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●|
半kenny式に似せるよりも、こちらのほうが分かりやすく組みやすい。 無理をして半kenny式に似せる必要はない。 そもそも通常4段カギと通常第2土台カギの組み合わせが優秀なので、他の形は許容形の1つと考えるのがいい。 _____×/______/______/______/ ___○◎●|______|______|______| ___○◎●|______|______|______| ___×○◎/______/______/______/ _××○◎●|______|___◎○●|___◎○●| ○○●◎○●|○○●◎○_|○○●○●●|○○●○●●| ◎●◎○××|◎●◎○○×|◎●◎○○×|◎●◎◎○×| ○○●◎○×|○○●◎◎×|○●●◎◎×|○○●◎○×| ◎○●◎○●/◎○●××●/◎○○××●/◎○●××●/ ◎●◎○◎●|◎●◎○◎●|◎●◎○◎●|◎●◎○◎●| ◎○●◎○◎|◎○●◎○◎|◎○●◎○◎|◎○●◎○◎| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●|

「7段土台」

7段で平らになる土台。 通常は第1土台、第2土台を合わせて7段になった形。

「3段土台」

第1土台を3段で作り、その上に第2土台を4段のカギで横に伸ばす 第1土台と第2土台を含めた全体は7段土台になる。 通常5色面でよく使われる第2土台を含めた8段土台では、落下速度や5色の影響で第2土台を毎回組み上げる難易度が高いため、 ​​​​​​​第2土台の段数1段下げて耐久性を上げることで第2折まで組める確率を上げる狙いがある。 3段土台から連鎖尾に1ブロック分ずらした、3段1加土台。 3段土台から連鎖尾に2ブロック分ずらした、3段2加土台。
基本形。 他にも許容形はたくさんあるが、なるべく第1土台を平らに作り第2土台は色制約の少ないカギ積みを優先する。 第1土台と第2土台を平らに作れば上部で耐えるときに巻き込みを避けやすく、第1土台の暴発もしづらくなる。 ______|______|______| ______|______|______| ●_____|●_____|●_____| ◎●____|◎○____|◎●____| ●○◎●○_|○●◎●○_|●○◎○◎_| ○◎●○◎_|●◎●○◎_|○◎○◎○_| ○○◎●○◎|○●◎●○◎|○◎◎○◎○| ●●◎●○◎|○●◎●○◎|○●●○◎○| ◎◎○◎●●|◎◎○◎◎●|◎○○◎●●| ◎●●○◎◎|◎●●○○○|◎●●○◎◎| ●○○◎●●|●◎◎●●●|◎●○●●◎|
連鎖尾を拡張する場合は3連結が露出する形は避ける。 3連結が無くても土台が凸凹しているため連鎖尾拡張は巻き込み暴発しやすい。 ______|______| ______|______| ●_____|●_____| ◎◎____|◎×____| ×○◎●__|×○●×__| ○◎●××○|○●×◎◎◎| ○×◎●×○|○×●×●○| ○×◎●○●|○×●×●○| ×◎○◎○●|◎◎○◎○●| ◎●●○◎◎|◎●●○◎●| ●○○◎●●|●○○◎◎○|
折返し、許容形。 ◎○○_|◎◎○_|◎●○_|_◎○_| ◎●●○|◎●●○|◎◎●○|◎●●○| ◎●○◎|●○○◎|●○○◎|●○○◎|
「○」の形は数種あり。連鎖尾への繋げ方が違う。 ◎◎○_|◎◎○_|◎○○_|◎○○_| ◎●●○|◎●●_|◎●●○|◎●●_| ●○○◎|●○○○|◎●○◎|◎●○○|
下部の「○」が横3なら、「○」のキーぷよを後乗せしやすい形もある。 ○_____| ●●____| ◎○●◎●_| ○●◎●○_| ●○●◎●○| ●○●◎●○| ●◎◎●◎◎| ◎●●◎●●| ●○○○●◎|
悪形。暴発しやすい。 ◎◎○_|◎○○_|◎○○_|◎○○_| ◎○○_|◎◎○_|◎○●_|◎●○_| ●●●○|●●●○|◎●●○|◎●●○|
連鎖尾、許容形。 連鎖尾の横3の形は暴発しやすいが暴発しても得点ロスは少ない。 ◎◎○◎●●|◎◎○◎●●|◎◎○◎●●|◎◎○●◎●| ◎●●○◎◎|◎●●○◎◎|◎●●○◎◎|◎●●○●●| ●○○◎●●|●○○●◎●|●○○●●◎|●○○◎◎◎| ◎◎○●◎◎|◎◎○●◎◎|◎◎○●◎●|◎◎×○○◎|◎◎×○○◎| ◎●●◎●●|◎●●◎●●|◎●●◎●●|◎●●×××|◎○○×××| ●○○○●◎|●○○○◎●|●○○○◎◎|●○○◎◎◎|●●●◎◎◎|

「3段1加土台」

平らな3段土台から折り返し部分を1ブロック分連鎖尾側にズラす。 結果的に連鎖尾が1マス分盛り上がる形になる。 この形のほうが折り返しの後乗せ具合の収まりがいい。 第2折を簡易的に組みやすいため、平らな3段土台よりもこちらの方がいい可能性がある。 折返しはGTRだけじゃなく、1-1-1カギでL字を挟み込む形も優先度が高い。 5色面は折返しを組むときに色ブロックを1個を省いて後乗せ任せにできる利点がある。 また、階段の折返しが優れているのも、折返し下部の2列目の色に繋ぐ受け口が3段あるためで、2段分の余裕がありそれが後乗せしやすさに繋がっている。 折返しの「1-1-1カギ」や「L字+キー後乗せ」の受け口は2段なので、階段ほどではないが1段余裕があり、後乗せのしやすさがある。
基本形。 ______|______|______|______|______| ______|______|______|●_____|●_____| ◎○____|●○____|◎○____|◎_____|◎_____| ○◎●◎○_|◎×●◎○_|○◎●○●_|×○●◎×_|○×●◎×_| ◎●◎○●●|×●◎○●●|◎●○●○○|○●◎××○|×●◎××○| ○◎●◎○●|○×●◎○●|◎◎●○●○|○●●◎◎○|×○●◎◎○| ○◎●◎○◎|○×●◎○◎|○○●○●◎|○××○○◎|×○●○○◎| ◎●○●●◎|○●○●●◎|◎●○◎◎●|×◎○●●◎|○●○●◎◎| ◎◎●○○●|◎◎●◎◎●|◎◎●○○○|◎●●○○●|◎◎●○●●| ●●○◎◎●|◎●○○○●|●●◎●●●|◎●○●◎◎|◎●○○●◎| _____×/______/ _____●|_____●| _____◎|____●◎| ____○○/____○●/ ●__◎◎○|___○◎●| ◎__●●◎|●○_○◎●| ×○●◎×●|◎×●◎○◎| ●●◎××○|×●◎○●●| ○○●◎◎○/○×●◎○●/ ○××○○◎|○×●◎○◎| ×●○●◎◎|○◎○●●◎| ◎◎●○●●|◎●●◎◎●| ◎●○○●◎|◎●○○○●|
連鎖尾は3連結が露出する形はなるべく使いたくない。 ______| ______| ●_____| ◎_____| ○×●◎●_| ○●◎●○○| ××●◎●○| ×○●◎●◎| ○●○●◎◎| ◎◎●○●●| ◎●○○●◎|
折返し、許容形。「5段1余」の折返し下部と部分的に互換性がある。 ◎●○_|_●○_|_◎○_|◎●○___|_●○___| ◎◎●○|◎◎●○|◎●●○|◎◎○___|◎◎○___| ●●○○|◎●○○|◎●○○|●●●○○_|◎●●○○_| 「○」のL字はY字や横3へ置き換え可能。 ◎●○_|◎●○___|◎●○___| ◎◎●○|◎◎●○○_|◎◎●___| ●●○○|●●○___|●●○○○_|
連鎖尾、許容形。 左下の「×」始動。 ___◎|___●|___◎|___◎|___●| ○●●◎|○◎◎●|○●●◎|○●●◎|○◎●●| ×○○●|×○○◎|○◎◎●|×◎◎●|×○◎◎| ○◎◎●|○◎●●|×○○●|○○○●|○○◎●| 連鎖尾を1連鎖分拡張しても第2土台を綺麗に構築することは可能だが、後ろが暴発しやすい形になりやすい。 対戦なら悪い形ではないが3段土台は5色面での使用を想定しているため暴発しやすい形は避けたい。 暴発しづらい連鎖尾拡張が可能だとしても、連鎖尾より前伸ばしで連鎖数を稼いだほうが連結などの得点が上がるので、優先して連鎖尾拡張する利点は無い。 ●_____|●_____|●_____| ◎○____|◎○____|◎○____| ●◎○●◎○|●◎○●◎○|●◎○●◎○| ◎○●◎○○|◎○●◎○○|◎○●◎○○| ○◎○●◎◎|○◎○●◎◎|○◎○●◎◎| ○◎○●○○|○◎○●××|○◎○●○●| ○●●○◎○|○●●×●●|○●●◎○●| ●◎○●●◎|●◎○×◎◎|●◎○◎●○| ◎●●○○●|◎●●○○◎|◎●●○◎○| ◎●○◎◎●|◎●○●◎●|◎●○○◎●|

「3段2加土台」「3段2盛土台」

平らな3段土台から折り返し部分を1ブロック分連鎖尾側にズラす。 結果的に連鎖尾が1マス分盛り上がる形になる。 4段1余土台の連鎖尾と互換性がある。
基本形 ______|______|______| ______|______|______| ______|●_____|●_____| ◎_____|◎_____|◎_____| ○◎●○◎○|○◎●○◎○|○◎●○×○| ◎●○◎○○|◎●○◎○○|◎●○×○○| ○◎●○◎◎|○◎●○◎◎|○◎●○××| ○◎●○●●|○◎●○●●|○◎●○◎●| ○●○●◎◎|○●○●◎●|○●○●◎●| ◎◎●○○◎|◎◎●○○◎|◎◎●○●◎| ◎●●○◎●|◎●●○◎◎|◎●●○○◎| この形は連鎖尾がやや暴発しやすい。 第2折をGTRの形に持っていきやすい。

「4段土台 その他」

______/______/ ______|_____●| ______|____○○| ●_____/●___◎◎/ ◎●____|◎●_◎○○| ×○◎●×●|×○◎●×●| ○◎●×●●|○◎●×●●| ●○◎●×○|●○◎●×○| ●○◎●×○/●○◎●×○/ ●××○○◎|●××○○◎| ×●○●◎◎|×●○●◎◎| ◎◎●○●●|◎◎●○●●| ◎●○○●◎|◎●○○●◎|

「7段土台(4+3段)」

第1土台を4段、第2土台を3段で組み合わせて7段土台を作る。 7段土台を作るための形。 ______/______/______/______/______/ ______|______|______|______|______| ______|______|______|______|______| ______/______/______/______/______/ ______|______|______|______|______| ______|______|______|______|●_____| _◎×◎__|●◎●◎__|●◎○◎__|●◎●◎○_|×◎●◎__| ●×◎●●●|◎●◎●●●|○○◎●●●|◎●◎○○_|◎●◎○○_| ◎××◎◎○/●●○◎◎○/◎◎○◎◎○/◎●●◎◎●/◎●●◎◎○/ ◎○◎○●○|◎○◎○●○|◎○●○●○|◎○◎●○●|◎××○●×| ◎●○◎○●|◎●○◎○●|●●○●○●|●○◎●●○|×○◎●○●| ●○◎○●○|●○◎○●○|●○●○●○|●●○◎○●|●●○◎◎○| ●○◎○●○|●○◎○●○|○○●○●○|○○◎●○●|●○○◎●○| ______/ ______| ______| ______/ ______| ◎_____| ●◎●○__| ◎●○◎◎_| ◎●●○○◎/ ◎○◎●◎×| ●◎○◎●◎| ●◎○◎●◎| ●◎○◎●◎|

「6段折返し土台」

折り返しの3列が6段で平らになる土台。 主に4面以降の5色面で使うことを想定している。 耐久性を高めて発火率を上げる狙いがある。 相手の猛攻に耐えつつ、発火点を確保しながらU字構築として上に伸ばす。 基本的には連鎖尾側で対応ネタを作りながら前伸ばしを敷き詰めていく。 連鎖尾は回収率重視で同時消し多めで構わない。 図1 図2 図3 ______/●●____/●_____/ ______|○○____|◎×____| ______|◎○____|×●__○○| ______/●●____/●●__○◎/ ______|◎●____|×◎_●●◎| ______|◎◎____|×◎◎×●◎| ______|●●●___|●●●×◎×| ○◎○___|○◎○___|○◎○●◎×| ◎○○__●/◎○○__●/◎○○××●/ ◎●◎○◎●|◎●◎○◎●|◎●◎○◎●| ◎○●◎○◎|◎○●◎○◎|◎○●◎○◎| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●| 図1。基本形。3列目に繋げる形で平らな6段になればよくて許容形はいくつかある。 図2図3。基本的には3列目のキーぷよは外した状態で、なるべく1、2列目に敷き詰めるように伸ばす。 前伸ばしはキーぷよを外した状態であれば、連鎖尾側で対応ネタを用意できなかったときに緊急手段の対応ネタとして使える。 左折にするのは自由落下が高速になった時に確実に1、2列目に置けるようにするため。 図は4色だが5色面で使うので実際は折返し上部をこんなに綺麗には組めない。
折返し許容形 一番左の形がもっとも暴発少なく色制約も少ないのでなるべくこれを組みに行く、 ○◎○___|◎○●___|●○●___|●×●___| ◎○○__●/○●●__●/◎●●__●/○●●__●/ ◎●◎○◎●|○○◎○×●|○○◎○×●|×××○×●| ◎○●◎○◎|◎●◎○○×|○●◎○○×|○○◎○××| ○●◎○◎●|◎◎●◎×●|◎◎●◎×●|○●●◎○●| ○●◎○◎●|●●◎○×●|◎●◎○×●|●◎◎○×●|

「7段折返し土台」

折り返しの3列が7段で平らになる土台。 6段折返しよりも1段増えるが、7段でも十分上部に余裕があるのでこちらもいいかもしれない。 6段折返しはカギ積み系土台を使っていたが、7段折返しは階段土台から作れることが利点。
基本形。 図1 図2 図3 ______|______|○_____| ●◎●___|●●◎___|◎○●___| ○●●___|○◎◎___|○●●___| ◎◎○___/●●○___/◎○○___/ ◎×◎___|●×◎___|◎●◎___| ○●×___|○●×___|◎○●___| ○●×___|○●×___|○●◎___| ○●×___|○●×___|○●◎___| 図1。3列目5段目に1マス無駄ができやすい。土台の連結で吸収させるか、連鎖尾で使う。 図2。折返し下部2列目の「●」と、1列目4段目から伸ばす色が同色だと、折返し上部で2列目が2連結になり「●」1個追加で暴発してしまうのでできれば避けたい。 図3。カギ積みで作ろうとすると1個盛り上がる形になるがU字構築的にはこれでも問題ない。

4列連鎖尾パーツ

______| _◎◎___| ◎○____| ●◎____| ●◎____| ●◎○___| 折返しの3段受け口を利用して4列連鎖尾パーツを組み合わせる。 4列連鎖尾パーツにすると良形が少なくなり色制約も厳しくなる。 連結も足しづらくなるのであまり意味はない。 ------------------------------------------ 良形。4色必要。 2,3,4,5,6列目に1個のブロックを置いても暴発しない。 2個同じ色を置くと暴発する箇所がいくつかある。 ______|______|______|______|______| _◎◎×○◎|_◎◎×○◎|_◎◎●○◎|_◎◎○○◎|_◎◎×○◎| ◎○×●×○|◎○×●●○|◎○●××○|◎○●××○|◎○●×○◎| ●◎●◎◎○|●◎●◎◎○|●◎×◎◎○|●◎×◎◎○|●◎×◎◎○| ●◎×●●○|●◎×●×○|●◎×●●○|●◎×●●◎|●◎×●●○| ●◎○○○◎|●◎○○○◎|●◎○○○◎|●◎○○○●|●◎○○○●| ______|______|______| _◎◎×○◎|_◎◎×○◎|_◎◎○○◎| ◎○●×◎○|◎○●×●○|◎○××●○| ●◎×◎◎○|●◎×◎◎○|●◎●●◎○| ●◎×●●○|●◎×●◎○|●◎××●◎| ●◎○○○●|●◎○○○●|●◎○○○◎| ------------------------------------------ 良形。3色。 ______| _◎◎●○◎| ◎○●○●◎| ●◎○●○●| ●◎●◎◎●| ●◎○○○●| ------------------------------------------ 1個で暴発するが得点ロスが少ない。 ______|______|______| _◎◎○×◎|_◎◎○×◎|_××◎●○| ◎○×●●○|◎○●××○|×○◎××○| ●◎●×○○|●◎×●○○|●◎×●◎◎| ●◎×○◎◎|●◎●○●◎|●◎●○×○| ●◎○○●◎|●◎○○◎◎|●◎○○●○| ______|______|______| _◎◎○○×|_◎◎○○×|_◎◎○○×| ◎○●×◎○|◎○●×◎○|◎○●××○| ●◎×●◎○|●◎×●◎○|●◎×●◎○| ●◎○●●◎|●◎○○●◎|●◎○●●◎| ●◎○○×◎|●◎○●×◎|●◎○○◎◎| ______|______|______|______|______| _◎◎×○○|_◎◎×○○|_◎◎×◎●|_◎◎●◎●|_◎◎●○○| ◎○●×◎◎|◎○●×◎○|◎○○×◎●|◎○○●◎●|◎○○◎◎○| ●◎×●◎○|●◎×●●◎|●◎×○○◎|●◎●○○◎|●◎●○○◎| ●◎○×●●|●◎○×●◎|●◎○×○◎|●◎○●○●|●◎○●○◎| ●◎○○◎○|●◎○○◎○|●◎○○●●|●◎○○◎●|●◎○○●○| ______|______| _◎◎○●●|_◎◎○◎◎| ◎●×○●◎|◎●×◎○●| ○◎○×◎◎|○◎○×●●| ○◎●○××|○◎●●××| ○◎●●◎●|○◎●◎●○| ______|______|______| _◎◎○●●|_◎◎○●●|_◎◎○●◎|_◎◎○◎●| ◎○×○◎●|◎○×○◎◎|◎○×○●◎|◎○×○●◎| ○●○×●◎|○●○×●◎|○●○×●◎|○●○××◎| ○◎●●×◎|○◎●●××|○◎●●××|○◎●●×◎| ◎◎●×○◎|◎◎●○●◎|◎◎●○●◎|◎◎●○●●| ------------------------------------------ 3列目に1個で暴発。 ______|______|______|______| _◎◎●●◎|_××◎◎○|_◎◎××○|_◎◎●●○| ◎○●○○○|×○◎●●◎|◎○×○○●|◎○●×○○| ●◎○●●◎|●◎●○○◎|●◎×◎○●|●◎×●◎◎| ●◎●◎◎●|●◎●◎◎○|●◎○●◎◎|●◎×○×◎| ●◎○○○●|●◎○○○◎|●◎○○●◎|●◎○○◎○| ------------------------------------------ 2列目に1個で暴発。 ______|______|______|______|______| _◎◎●○◎|_◎◎●○◎|_◎◎●○◎|_◎◎○○◎|_××●○○| ◎○●○●◎|◎○●○●◎|◎○●××◎|◎○××●○|×○◎○●◎| ●◎○○◎●|●◎○○●◎|●◎○○○×|●◎●●◎○|●◎●●○●| ●◎●●◎●|●◎●●◎●|●◎●●◎×|●◎×●×◎|●◎●◎◎●| ●◎○○○●|●◎○○○●|●◎○○○◎|●◎○○○◎|●◎○○○●| ------------------------------------------ 3、4列目に1個で暴発。 ______| _◎◎○◎◎| ◎●×◎○○| ○◎○×●●| ○◎●●××| ○◎●◎●●| ------------------------------------------ 暴発しやすい。 ______|______|______| _◎◎○○○|_◎◎○○○|_◎◎●●●| ◎○●×◎×|◎○●×◎×|◎○●◎◎○| ●◎×●○◎|●◎×●○◎|○●×○○◎| ●◎○○●◎|●◎○○●◎|○◎●●×◎| ●◎○●×◎|●◎○●×◎|◎◎●××○| ______|______|______| _◎◎×××|_◎◎××●|_◎◎○○×| ◎●×◎◎●|◎●×◎◎●|◎●×××○| ○◎○●●◎|○◎○×●◎|○◎○●●○| ○◎●○○◎|○◎●○○◎|○◎●○○●| ○◎●●○●|○◎●●○●|○◎●●○●| ------------------------------------------ これは17連鎖級なら14連鎖目に同時消しになってしまう。 ______|______|______| _◎◎○◎◎|_◎◎○◎◎|_◎◎○◎◎| ◎●×●○●|◎●×●○●|◎●×●◎●| ○◎○×●●|○◎○×●●|○◎○×●●| ○◎●●×◎|○◎●●××|○◎●●×◎| ○◎●×○◎|○◎●○◎◎|○◎●×○○|

1面

敵フィールドの埋まり具合によって形を妥協する。 敵フィールドに余裕があるなら、整地の単発消しをして妥協なく4個消しの形で無駄なく組む。 敵フィールドに余裕が無くなってきたら単発消しを極力無くして1-3個の無駄を許容して無理やり組む。 敵フィールド関係なく無駄消しを避けるために、色制約の関係で折返し部分は1マス無駄にしてもいい。 最上部の形は、第2折を敷き詰めなくても17連鎖級打てればなんでもいい。 敵が単発消しをしそうなときは、敵が単発消しするまで待ってから、こっちも単発消しを合わせて消す。 敵が単発消しする前にこちらがお邪魔を送って埋めるのを避ける。 第2折を組む状況で、ツモが捌けなくて1マス妥協の形を組もうとしつつ、いいツモが来なければ単発消しでまた4個消しの形を目指す。 1マス妥協形の含みを持たせたときに良いツモが来た場合は、そのまま1マス妥協形を採用することは手数効率がいい。 ●優先度 無駄消ししない > 良形を目指す >>>> 無駄1マスを避ける 悪形になってでも無駄消ししないことを優先したい。 無駄消しせずに良形になるならそれに越したことはない。 敵フィールドに余裕があるなら、無駄消しして良形を目指すのもいい。 連鎖尾に関しては、4,5,6列目起因の暴発は暴発率が低いので無視する。

9段土台

5段土台の階段積みやカギ積みは折返しの最上部が1-3個盛り上がるため、最上部で粘るときにキーブロックを消して再乗せする場面が頻出する。 それを防ぐために9段で平らになる土台を考察。 _____○/_____○/_____×/_____○/_____○/_____○/ ____◎●|____◎●|____◎●|____◎●|____◎●|____◎●| ___●●◎|___●●◎|___●●◎|___●●◎|___●●◎|___●●◎| ___●◎◎/___●◎◎/___●◎◎/___●◎◎/___●◎◎/___●◎◎/ ○○●◎●●|○○●◎●●|○○×◎○●|○○●◎○●|○×●◎○●|○○●◎○●| ◎×●○○●|◎×●○○●|◎×●◎○●|◎×●◎○●|◎○●◎○●|◎×●◎○●| ○●◎◎○×|○●◎◎○×|×●◎○×●|○●◎○×●|×●◎○×●|○●◎○×●| ××●◎●×|××●◎×●|×●●◎○×|××●◎○×|×○●◎○×|××●◎○×| ×○○××●/×○○×◎●/○○○●●×/×○○●●×/×○○●●×/○×○●●×/ ◎●◎○◎●|◎●◎○●◎|◎●◎○◎●|◎●◎○◎●|◎●◎○◎●|◎●◎○◎●| ◎○●◎○◎|◎●◎○×◎|◎●◎○●◎|◎○●○●◎|◎○◎○●◎|◎○◎○●◎| ◎○●◎○◎|◎○●◎○◎|◎○●◎○◎|◎○●◎○◎|◎○●◎○◎|◎○●◎○◎| ○●◎○◎●|○○●◎○●|○○●◎○◎|○●◎◎○◎|●○●◎○◎|●○●◎○◎|

階段連結盛り土台

第1土台に4段階段か半kenny式を採用し第2土台を工夫して詰め込み、第1土台で連結を回収できるようにした土台。 連結16連鎖で30万点以上獲得することを目指す。ツモが良ければ17連鎖も発火できる。 ツモによって半kenny式か4段階段か無駄消し無く組めるほうを採用する。 16連鎖を前提にして右折も有用な可能性がある。
4段階段の場合。 17連鎖。 ___○×○/___○×○/ __●●○◎|●○●●○◎| __●○×●|●◎●○×●| __●○××/◎○●○××/ ●●×●●●|●●×●●●| ○○◎○×◎|×○◎○×◎| ●○◎○×◎|●○◎○×◎| ○◎○×●◎|○◎○×●◎| ●○◎○×●/●○◎○×●/ ●◎○×○●|●◎○×○●| ○●◎○×○|×●◎○×○| ○●◎○×○|×●◎○×○| ○●◎○×○|×●◎○×○| ___◎×●/___◎×●/___◎×●/___◎●●/___◎●●/ ●○●●×◎|●○●●×◎|●○●●×◎|●○●●◎○|●○●●◎○| ●◎●◎◎●|●◎●◎◎●|●◎●◎◎●|●◎●◎●◎|●◎●◎●◎| ◎○●◎××/◎○●◎××/◎○●◎××/◎○●◎●●/◎○●◎●●/ ●●×○●●|●●×○●●|●●×○●●|●●×○×◎|●●◎○×◎| ×○◎○◎●|×○◎○×●|×○◎○×●|×○◎○◎◎|×○◎○◎◎| ●○◎××◎|●○◎×●◎|●○◎×◎◎|●○◎×●○|●◎○×●○| ○◎○×●◎|○◎○×◎◎|○◎○×●◎|○◎○×○○|○○◎×○○| ●○◎○×●/●○◎○×●/●○◎○×●/●○◎○×●/●○×○×●/ ●◎○×○●|●◎○×○●|●◎○×○●|●◎○×○●|●◎○×○●| ×●◎○×○|×●◎○×○|×●◎○×○|×●◎○×○|×●◎○×○| ×●◎○×○|×●◎○×○|×●◎○×○|×●◎○×○|×●◎○×○| ×●◎○×○|×●◎○×○|×●◎○×○|×●◎○×○|×●◎○×○| ◎◎_◎●◎/ ○●●●◎○| ○◎●◎●◎| ◎●○◎●●/ ○○●○◎◎| ●●◎○●◎| ○◎○●○○| ●●◎●◎○| ●○◎○●◎/ ○◎○●○◎| ●○◎○●○| ●○◎○●○| ●○◎○●○| 3色でも組めるが、連結を目一杯付け足すには折り返し付近で4色使った色配置が重要。 ---------------------------------------- 第2土台の2-5列目にかかるカギ積みは、1-1-2と1-2-1のカギの形をどちらかに適用すればいい ______/______/______/ ______|______|______| ______|______|______| ______/______/______/ ○○●○◎◎|○○◎●◎◎|○○●○◎◎| ●●◎○●◎|●●◎○●◎|●●◎○●◎| ○◎○●○○|○◎○●○○|○◎○●◎○| ●●◎●◎○|●●○●◎○|●●◎●○○| ●○◎○●◎/●○◎○●◎/●○◎○●◎/ ○◎○●○◎|○◎○●○◎|○◎○●○◎| ●○◎○●○|●○◎○●○|●○◎○●○| ●○◎○●○|●○◎○●○|●○◎○●○| ●○◎○●○|●○◎○●○|●○◎○●○| ---------------------------------------- 単純にkenny式の許容形としても採用できる この場合、連鎖尾が1連減って前伸ばしが1連増えるので、折返し付近の連結の得点が1個あたり1000点ほど増える。 ______/ ○_____| ●_____| ○_____/ ×○◎×◎◎| ×○◎×●◎| ○◎×●◎○| ○×◎●○○| ×○○×●◎/ ○◎×●○◎| ●○◎×●○| ●○◎×●○| ●○◎×●○|
半kenny式の場合 ___○◎○/___×◎◎/___×◎◎/___×◎◎/___×◎◎/ __●●○●|●○●●×●|●○●●×●|●○●●×●|●◎●●×●| __●○◎◎|●×●×◎◎|●×●×◎◎|●×●×◎◎|●×●×◎◎| __●○◎●/◎○●×◎●/◎○●×◎●/◎×●×◎●/◎◎●×◎●/ ●_◎●○●|●●×○×●|●●×○×●|●○×○×●|●○×○×●| ○×●○◎●|○○◎×◎●|○○◎×◎●|×●◎×○●|×●◎×○●| ●◎◎●○◎|●○◎○×◎|●◎○○×◎|○◎○○×○|○◎○○×○| ××◎●○◎|○◎○○×◎|○○◎○×◎|●◎◎○×○|●◎◎○×○| ×●●◎●●/●○◎●○●/●○◎●○●/○●●◎○◎/○●●◎○◎/ ●◎○●○●|●◎○×●●|●◎○×●●|○◎○×◎◎|○◎×●◎◎| ○●◎○◎○|○●◎○×○|○●◎○×○|×●◎○×○|×●◎×●○| ○●◎○◎○|○●◎○×○|○●◎○×○|×●◎○×○|×●◎×●○| ○●◎○◎○|○●◎○×○|○●◎○×○|×●◎○×○|×●◎×●○|

連鎖尾型 連結盛り土台

連結盛り土台の現時点の究極形。 便宜上ここでは略して「盛り土台」と記述することが多い。 全ての連結を15連鎖目以降に付け足すためのテンプレ土台。 3連鎖分の連鎖尾下部パーツから、14連鎖目で上部の段差を合わせて15連鎖目以降に連結を盛る。 付け足された連結は1個あたり1万点になる。 kenny式やnov式やカギ積みはS字構築で、連鎖尾型連結盛り土台はU字構築に分類される。
全体の一例。 ____◎○/_____●/____●◎/____○●/○___○×/ ____○●|___○●◎|●___◎◎|____●●|○___◎●| ___○◎◎|○__○○●|×◎_○○◎|○__●○○|×__◎○○| ●○●○◎●/◎×○●●◎/●●◎○◎●/◎◎_○●○/●×_◎●○/ ●●×◎●●|◎◎●◎○◎|◎◎●◎○●|●◎×●●×|●●◎●○●| ××●○○○|××◎●●◎|××●○◎●|××◎○◎◎|×◎●××●| ●●×◎●◎|×●●○○●|●●×◎◎○|●●×○○●|××◎○×○| ○○●◎◎×|○○●○●◎|○○●○●◎|○○●◎◎◎|○○◎○◎×| ●●○●●●/●●○◎◎●/◎◎○◎◎●/◎◎○●●●/◎◎○●●●/ ●◎●×××|◎◎●◎●●|◎××◎○●|×××◎◎◎|×××◎◎◎| ◎○○●○◎|●○○●○◎|×○○●○●|◎○○●○×|◎○○●○×| ○◎◎○◎◎|○◎◎●◎◎|○×◎○◎◎|○×◎●××|○×◎○××| ○●●●○○|○●●○○○|○●●●○◎|○●●○○○|○●●●○○|
連鎖尾下部パーツ。 3列目1段谷型の形が一番使いやすい。 その中でさらに良形にするには、連鎖尾下部の連鎖道中のズレ幅を最小限にすること。 ズレ幅が小さいと暴発リスクが減り、色制約が緩くなり、段差計算もしやすくなる。 道中ズレ幅1段以内のものを良形としている。 道中ズレ幅1段以内でもズレ方が違うものは除外した。
良形としている連鎖尾下部パーツの形は以下の段差ズレのみ採用している。 1連鎖ごとの消える段数を「1列目-2列目-3列目」の形式で表す。 ○○____| ◎◎○___| ○●●___| ●××___| ●◎◎___| 1連鎖目 0-1-1 「×」 2連鎖目 2-1-1 「●」 3連鎖目 1-2-1 「◎」 4連鎖目 2-1-1 「○」 連鎖開始前の色ブロックの起点からの各列の相対位置が常に1段以内の差に収まっている。 これにより、連鎖尾上部の段差ズレ計算が簡単になり、暴発リスクを下げ、色制約が緩くなる利点を得られる。
折返しから連鎖尾下部パーツへの繋ぎ方は2パターン。 2-3列目を1段目か2段目のどちらからズラすか。 「×」を消して繋げる。 ○○____|○○____| ◎◎○___|◎◎○___| ○●●___|○●●___| ●××___|●◎◎___| ●◎◎___|●××___|
連鎖尾下部パーツの許容形。 良形。 道中段差ズレ幅は起点から1段以内。 段差ズレ特徴「0-1-1、2-1-1、1-2-1、2-1-1」。 右下の「×」を消して繋げる。 --------------------------- 1段目からズラす。 横3形の折返し下部と組み合わせることができる。 ○○_|○○_|◎◎_|◎◎_|◎◎_|○○_|○◎_| ○◎○|◎◎○|◎○○|○○○|○●●|◎●●|◎●●| ◎●●|○●●|○●●|◎●●|●○○|●◎○|●◎◎| ●◎◎|●◎◎|●○◎|●○◎|●○◎|●◎◎|●○○| ●××|●××|●××|●××|◎××|○××|○××| --------------------------- 2段目からズラす。 ○○_|○○_|◎◎_|◎◎_|◎◎_|○○_|○◎_| ○◎○|◎◎○|◎○○|○○○|○●●|◎●●|◎●●| ◎●●|○●●|○●●|◎●●|●○○|●◎○|●◎◎| ●××|●××|●××|●××|●××|●××|●××| ●◎◎|●◎◎|●○◎|●○◎|◎○◎|○◎◎|○○○|
連鎖尾下部パーツの蓋に使う色数による色制約の違い。 1色で蓋をする方が優秀。 右下の「×」を消して繋げる。 図1 図2 図3 ___|___|___| ___|___|___| ___|___|___| ○○_|○○_|○○_| ○◎○|◎◎○|○◎◎| ◎●●|○●●|◎●●| ●◎◎|●◎◎|●◎○| ●××|●××|●××| 図1図2。1色で蓋をすればその真上に3色置ける。この場合「○」以外の「●」「◎」「×」を置ける。 図3。2色で蓋をすると真上に2色しか置けない。この場合「○」「◎」以外の「●」「×」を置ける。
良形以外の連鎖尾下部パーツの形は連鎖尾上部が暴発しやすく、段差ズレ計算が難しくなり、色制約も厳しくなる。 図1 図2 図3 図4 図5 図6 図7 ____/____/____/____/____/____/____/ ____|____|____|____|____|____|____| ○___|×●__|○___|×●__|____|____|____| ◎●__/◎●__/◎●__/◎●__/●●×_/◎●×_/●●×_/ ◎◎×_|◎◎○_|◎◎×_|◎◎○_|◎◎○_|◎◎○_|◎◎○_| ××◎_|●●◎_|××◎_|●●◎_|●●◎_|●●◎_|●●◎_| ●●×_|●○○_|●●×_|●○○_|○○◎_|○○●_|○○◎_| ○○●_|××○_|○○●_|××○_|××○_|××○_|××○_| ●●○_/●●×_/●●○_/●●×_/◎◎×_/◎◎×_/●●×_/ ●◎●_|●◎●_|●◎●_|◎◎●_|××◎_|××◎_|◎◎●_| ◎●◎○|◎●◎○|◎○○●|●○○●|×○○●|×○○●|●○○●| ◎●●×|◎○○×|○◎◎×|○◎◎×|○×◎×|○×◎×|○◎◎×| ●○○○|●●●○|○●●●|○●●●|○●●●|○●●●|○●●●| 図1図2。悪形。上部の「●」が暴発する。 図3図4。良形。上部の「●」が暴発しない。 図5。悪形。輪郭は同じだがズレ方が違うため、本来なら14連目に消える上部の「◎」が13連目に消えて、14連目に「●」と「○」がダブルで消えるので全体で12000点減。 図6。連鎖尾下部が良形ではないが、上部がこの形なら得点減無し。 図7。良形。15連目以降にダブル同時消しになり得点減無し。
段差ズレ「0-1-1、2-1-1、1-2-1、2-1-1」の利点。 3列目が1段上にズレる、とだけ覚えればいいので段差計算が簡単。 図1 ____/ ____| ○_×_| ◎●×_/ ◎◎×_| ××◎_| ●●×_| ○○●_| ●●○_/ ●◎●_| ◎○○●| ○◎◎×| ○●●●| 図1。このような「×」の連結付け足しも積極的に使える。
連鎖尾上部パーツの許容形。 上部は4色使ったほうが連結を足しやすい。 上部の下3段は3個組を3つ作るのが基本でそれが一番連結を入れやすい。 折り返し側は4個消しで無駄なく敷き詰めたいので、アドリブを入れるとしたら連鎖尾上部。 15連目以降はブロック1個あたりの得点が変わらないので、同時消しも積極的に採用していい。 下の「×」から消える。 ___/○__/○__/○__/○__/___/___/___/___/___/ ___|◎__|◎__|◎__|◎__|___|___|___|___|___| ◎__|×__|×__|×__|×__|○__|◎__|◎__|___|○__| ●○_/●__/●__/●__/●__/××_/××_/××_/◎×○/●●_/ ●●×|●●_|●●_|●●_|●●_|●●◎|●●○|●●○|●●×|◎●×| ××●|××●|××●|××●|×◎●|××●|××●|××●|××●|××●| ◎◎×|◎◎×|◎○×|×◎◎|××◎|◎◎●|◎◎●|◎○●|◎○●|◎◎×| ○○◎|◎○○|◎◎○|○○◎|○○◎|○○◎|◎○○|◎◎○|◎◎○|○○◎| ●●○/●●○/●●○/●●○/●●○/●●○/●●○/●●○/●●○/●●○/ ○○●|○○●|○○●|○○●|○○●|○○●|○○●|○○●|○○●|○○●| ●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎| ◎○○|◎○○|◎○○|◎○○|◎○○|◎○○|◎○○|◎○○|◎○○|◎○○| ◎××|◎××|◎××|◎××|◎××|◎××|◎××|◎××|◎××|◎××| 折返し上部の下3段をさらに変形させる。 繋ぎ方が難しくなり、暴発リスクが上がり、連結も足しづらくなるが、無駄消し無しで組もうとしたときに必要になってくる。 ___/___/___/___/___/___/___/ ___|___|○__|___|___|○__|___| ○__|×__|×__|___|___|×__|×○_| ●×_/●○_/●__/◎○×/○◎×/●×_/●×_/ ●●◎|●●◎|●●◎|●●×|●●×|●●_|●●_| ××●|××●|×○●|××●|××●|×◎●|×○●| ×○◎|○×◎|××◎|○○●|○○●|×○◎|×○◎| ○◎○|○◎○|○◎○|○◎◎|◎○◎|○◎○|◎◎○| ●●◎/●●◎/●●◎/●●◎/●●◎/●●◎/●●◎/ ●○●|●○●|●○●|●○●|●○●|●○●|●○●| ○◎◎|○◎◎|○◎◎|○◎◎|○◎◎|○◎◎|○◎◎| ◎○○|◎○○|◎○○|◎○○|◎○○|◎○○|◎○○| ◎××|◎××|◎××|◎××|◎××|◎××|◎××| ___/___/___/___/___/___/___/___/___/ ___|___|___|___|___|___|___|___|___| ×__|×__|○__|×__|___|○__|○__|○__|○__| ●○_/●○_/●_×/●_○/×◎○/×○_/××_/●×_/○×_/ ●●◎|●●◎|●●◎|●●◎|●●◎|●●◎|●●◎|●●◎|●●◎| ×○●|×◎●|○◎●|×◎●|◎◎●|×●◎|×●◎|××●|××●| ×○◎|×○◎|××◎|○○◎|×○●|×○●|×○●|×○◎|×○●| ×○◎|×○◎|×○◎|××◎|××○|×○◎|○○◎|○○◎|○◎◎| ●●◎/●●○/●●○/●●○/●●○/●●◎/●●◎/●●◎/●●◎/ ●○●|●○●|●○●|●○●|●○●|●○●|●○●|●○●|●○●| ○◎◎|○◎◎|○◎◎|○◎◎|○◎◎|○◎◎|○◎◎|○◎◎|○◎◎| ◎○○|◎○○|◎○○|◎○○|◎○○|◎○○|◎○○|◎○○|◎○○| ◎××|◎××|◎××|◎××|◎××|◎××|◎××|◎××|◎××| ___/___/___/___/___/ ○__|___|×__|___|___| ◎○_|×__|×__|___|×__| ◎○_/×◎_/×◎_/×◎×/◎××/ ●◎○|●×○|○×_|○××|◎×○| ○●●|●●×|●●○|●●○|●●○| ○○●|○○●|○○●|○○●|○○●| ◎◎○|◎◎○|◎◎●|◎◎●|◎◎●| ●●◎/●●◎/●●◎/●●◎/●●◎/ ●○●|●○●|●○●|●○●|●○●| ○◎◎|○◎◎|○◎◎|○◎◎|○◎◎| ◎○○|◎○○|◎○○|◎○○|◎○○| ◎××|◎××|◎××|◎××|◎××|
連結付け足し例。 ___/___/○__/___/___/___/ ○__|○__|◎○_|◎__|___|○__| ×○_|××_|×○_|○◎×|×○_|○◎_| ●◎○/●×○/●×◎/●◎×/●◎○/××◎/ ●●◎|●●◎|●●×|●●×|●●◎|●●×| ×◎●|×◎●|××●|××●|××●|××●| ××◎|××◎|◎◎×|◎◎×|×◎◎|◎◎●| ○○◎|○○◎|○○◎|○○◎|○○◎|○○◎| ●●○/●●○/●●○/●●○/●●○/●●○/ ○○●|○○●|○○●|○○●|○○●|○○●| ●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎| ◎○○|◎○○|◎○○|◎○○|◎○○|◎○○| ◎××|◎××|◎××|◎××|◎××|◎××|
折返し下部を「×」「◎」「○」の順に連鎖した後に、上部で「◎」が消える形にして、そこから連鎖尾上部へ繋げる。 後乗せで繋げる色の順番が見づらくなるが無駄消しを減らすために必要な技術。 ___/___/___/___/ ___|___|___|___| ___|○__|○__|○__| ●○●/●_●/●_●/●_●/ ●●×|●●×|●●×|●●×| ××●|××●|◎◎●|◎◎●| ○○×|◎◎×|◎×◎|◎○◎| ◎◎○|◎○◎|×○×|○×○| ◎●◎/○●○/○●○/●●×/ ●○●|●○●|●○●|●○×| ○◎◎|○◎◎|○◎◎|○◎◎| ◎○○|◎○○|◎○○|◎○○| ◎××|◎××|◎××|◎××|
折返し最下部。 基本はこの横3かGTRの2パターンを目指す。 ツモによって別の形も使う。 図1 図2 ___|___| ●○◎|●○◎| ●◎◎|○◎◎| ○○○|●○○| 図1。横3。許容形が多いのでこちらを優先する。 図2。GTR。横3を作れないときはGTRを使う。
折返し全体は「横3-2段型」か「横3-3段型」か「L字型」に合流できる形が敷き詰めやすく整地しやすい。
折返し下部パーツ、その他。 __●/__◎/_○●/__×/___/ __◎|__×|_◎◎|__○|___| _●●|__◎|◎○○|__●|___| _●◎/__○/○×○/__○/○●_/ ○◎◎|__●|●●●|__○|×××| ●●●|◎◎◎|××◎|●●○|●●◎| ○×◎|●●●|×●○|○○●|●◎●| ○○●|○○○|○○◎|◎●○|○○○| ×××/●◎◎/○●●/×××/●◎◎/ ●○●|●×◎|◎◎●|●●○|●◎●| ○●●|○○×|●○◎|●◎◎|○●●| ○◎◎|◎◎×|◎◎○|◎●○|◎◎◎| ●○◎|○○◎|●◎○|●○○|○○○|
折返し「L字型」 正確には折り返し側から3列目6段目からキーぷよ始動の連鎖の形。 初期の形がL字だったので便宜上「L字型」と呼んでいる 図1 図2 図3 _×◎|_×◎|_●◎| ◎◎×/◎◎×/◎◎●/ ×◎×|◎××|◎●●| ●○◎|●○◎|●○◎| ●◎◎|●◎◎|●◎◎| ○○○|○○○|○○○| 図1と図2を比較すると、図1のほうが隣接する連結が少なく優れている。 図2と図3を比較すると、図2のほうが色配置的に暴発しづらい。
折返し全体の許容形。 __●/__×/__●/__×/__◎/__○/__○/__×/__○/__○/ __◎|__●|__×|__◎|__●|__●|__●|__◎|__◎|__◎| _●●|_◎◎|__◎|_●●|_◎◎|_◎○|__○|_●●|_○○|__○| _●◎/_◎●/◎○◎/_●◎/_◎●/_◎◎/◎◎◎/_●◎/_○◎/◎○○/ ◎○◎|◎○●|××◎|◎○◎|◎○●|◎○○|○○○|◎○◎|◎●◎|×◎◎| ●●◎|○×●|●●×|××◎|○◎●|●●○|◎●●|○●◎|××◎|×●◎| ○○●|○××|○○●|○×○|◎◎○|○○●|○○●|○××|○○○|○○○| ○×◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○●◎|○×◎|××◎|××◎| ◎◎×/◎◎●/◎◎●/◎◎●/◎◎●/◎◎●/◎◎●/◎◎●/◎◎●/◎◎●/ ×◎×|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●|◎●●| ●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎| ●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎| ○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○○| __×/__×/__×/__×/__○/__○/__×/ __◎|__◎|__◎|__◎|__●|__●|__◎| _○○|_○○|_○○|_○○|_○○|_○○|_●●| _○◎/_○◎/_○◎/_○◎/_○●/_○●/_●◎/ ×●◎|×●◎|○×◎|○×◎|●◎●|●◎●|●○◎| ○×◎|○×◎|●●◎|○●◎|●○●|●×●|××◎| ●××|●××|×××|●××|◎○○|◎○○|●●×| ●●◎|●○◎|●○◎|●×◎|◎×◎|◎○◎|×●◎| ○○×/●○×/●○×/●○×/◎●×/◎●×/○○×/ ○××|○××|○××|○××|×●×|×●×|○××| ●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎| ●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎| ○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○○| _●○/_●○/_●○/_◎○/_◎○/_×◎/_○○/_◎○/ _◎◎|_◎◎|_◎◎|_××|_××|_●●|_◎×|_×●| ◎●●|◎●●|◎●●|×◎◎|×◎◎|●××|◎◎○|××◎| ○×●/○×●/○×●/○●◎/○●◎/○●×/○●○/○●◎/ ●○○|●○○|●○○|◎◎○|●◎○|●○◎|●×○|●○◎| ××○|×○×|×○×|◎○○|◎○○|○◎◎|○○×|○●●| ×●●|×●●|●●×|●◎●|◎◎●|●○○|●○×|●○●| ●×◎|●×◎|●×◎|●×◎|●×◎|●×◎|●×◎|●×◎| ○○×/○○×/○○×/○○×/○○×/○○×/○○×/○○×/ ○××|○××|○××|○××|○××|○××|○××|○××| ●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎| ●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎| ○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|
「横3-2段」から「L字型」の上部の許容形へ合流できる形。 __●/ __○| _●●| _●○/ ○◎○| ●●○| ◎◎●| ◎×◎| ○○○/ ×××| ●○◎| ●◎◎| ○○○|
折返し「L字型」へ合流できる折返し下部。 ___|___|___|___|___|___|___|___|___|___| _○○|_○○|_○○|_○○|_○○|_○○|_○○|_○◎|_○◎|_◎○| ●●◎/●●◎/●●◎/××◎/××◎/◎○◎/××◎/◎××/◎×◎/○×◎/ ○●○|○●◎|○●○|●×○|●×◎|◎◎○|×○○|◎◎×|◎◎×|○○×| ●○◎|●○○|●◎○|○○◎|○○○|●○◎|●○◎|●×◎|●××|●××| ●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎| ○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○○| ___|___|___|___|___|___| _◎○|_◎○|_○○|_○○|_○○|_○○| ●○◎/●○○/●●◎/●●◎/●●◎/●○◎/ ●●○|●●◎|○●○|○●○|●○○|●●○| ○○◎|○○○|○◎◎|◎◎○|◎◎○|◎◎○| ●●◎|●●◎|●●◎|●●◎|●●◎|●●◎| ○○○|○○◎|○○○|○○○|○○○|○○○| ___|___|___|___|___|___|___| _×◎|_×◎|_×◎|_◎×|_○○|_○○|_◎○| ○○○/◎◎×/○○○/○○○/××◎/××◎/×××/ ●××|●◎×|●××|●××|●×○|●×○|●◎●| ●○×|●○×|●○×|●×○|●◎○|●○○|●◎◎| ○◎◎|○◎◎|○◎◎|○◎◎|○◎○|○◎◎|○●●| ○○◎|○○◎|○◎○|○○◎|○○◎|○○◎|○○●| ___|___|___| _×◎|_×◎|_○●| ○○○/◎◎×/×××/ ●××|●◎×|●◎●| ○○×|○○×|○●●| ○◎◎|○◎◎|○◎◎| ●○◎|●○◎|●○◎|
最下部の連鎖尾への繋ぎ2パターン以外は同形。 ___|___|___|___|___|___|___|___|___|___| _●◎|_●◎|_●◎|_×◎|_×◎|_×◎|_×○|_×○|_×○|_×○| ◎◎●/××◎/◎●◎/●●◎/●●×/●●●/○○◎/○○◎/○×◎/○×◎/ ◎●●|×●●|◎◎●|×●×|×●×|×××|○××|○×◎|○○×|○○◎| ●○◎|●○●|●○●|●○×|●○◎|●○◎|●×◎|●××|●×◎|●××| ●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎| ○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○◎|○○◎|○○◎|○○◎| ___|___|___|___|___|___|___|___|___| _◎○|_●○|_●○|_○○|_●○|_●◎|_●◎|_○◎|_○◎| ○××/○●◎/◎●◎/◎×●/◎●◎/◎◎●/×○●/×●◎/◎●◎/ ○○×|○○●|◎◎●|◎◎×|◎◎●|◎○●|××●|××●|◎◎●| ●×◎|●◎●|●○●|●××|●○●|●◎●|●◎●|●◎●|●○●| ●○◎|●○◎|●◎◎|●○●|●○◎|●○◎|●○◎|●○●|●◎●| ○○◎|○○◎|○○◎|○●●|○◎◎|○○◎|○○◎|○○◎|○○◎| ----------------------------------- ___|___|___|___|___|___|___|___|___|___| _●◎|_●◎|_●◎|_×◎|_×◎|_×◎|_×○|_×○|_×○|_×○| ◎◎●/××◎/◎●◎/●●◎/●●×/●●●/○○◎/○○◎/○×◎/○×◎/ ◎●●|×●●|◎◎●|×●×|×●×|×××|○××|○×◎|○○×|○○◎| ●○◎|●○●|●○●|●○×|●○◎|●○◎|●×◎|●××|●×◎|●××| ○◎◎|○◎◎|○◎◎|○◎◎|○◎◎|○◎◎|○○◎|○○◎|○○◎|○○◎| ●○○|●○○|●○○|●○○|●○○|●○○|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎| ___|___|___|___|___|___|___|___|___| _◎○|_●○|_●○|_○○|_●○|_●◎|_●◎|_○◎|_○◎| ○××/○●◎/◎●◎/◎×◎/◎●◎/◎◎●/×○●/×●◎/◎●◎/ ○○×|○○●|◎◎●|◎◎×|◎◎●|◎○●|××●|××●|◎◎●| ●×◎|●◎●|●○●|●××|●○●|●◎●|●◎●|●◎●|●○●| ○○◎|○○◎|○◎◎|○○◎|○○◎|○○◎|○○◎|○○●|○◎●| ●○◎|●○◎|●○◎|●◎◎|●◎◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|
折返し「横3-1段型」 __●/__×/__×/__●/__●/__×/__○/__×/ __◎|__◎|__◎|__◎|__◎|__◎|__×|__◎| _●●|_●●|_●●|_●●|_○○|_○○|_●●|_●●| _●◎/_●◎/_●◎/_●◎/_○◎/_○◎/_●×/_●◎/ ×○◎|×○◎|×○◎|●×◎|×●◎|×●◎|●◎×|×○◎| ●○◎|●×◎|●×◎|●○◎|●○◎|●○◎|◎○×|●○◎| ○●●|○○×|●○×|○●●|○●●|○××|◎×○|○××| ●○●|●○×|○○×|○○●|○○●|●○×|◎●○|○●×| ●●◎/●●◎/●●◎/●●◎/●●◎/●○◎/●●◎/●●◎/ ×××|×××|×××|×××|×××|×××|×××|×××| ●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎| ●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎| ○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○○| __×/__×/__×/__×/__×/__×/ __◎|__◎|__◎|__◎|__◎|__◎| _○○|_○○|_○○|_○○|_○○|_○○| _○◎/_○◎/_○◎/_○◎/_○◎/_○◎/ ×●◎|×●◎|×●◎|×●◎|×●◎|×●◎| ●○◎|○●◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎| ×××|×××|○××|●××|●○×|○●×| ○○○|○○○|○×○|○×○|○××|○××| ●●◎/●●◎/●●◎/○●◎/○●◎/○●◎/ ×××|×××|×××|×××|×××|×××| ●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎| ●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎| ○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○○| _●●/_●●/__○/__○/__×/__×/__○/_○○/__○/__○/ _×○|_○○|__×|__●|__○|__○|__●|_●×|__◎|__◎| ○○◎|××◎|__◎|__◎|__◎|__◎|__◎|●○○|__○|__○| ○×●/×○○/●●●/●●●/●●●/●●●/●●●/●×○/●●●/◎◎◎/ ××●|●○●|◎◎◎|◎◎◎|◎◎◎|◎◎◎|◎◎◎|×●×|○○○|●○○| ◎◎●|◎◎●|×●×|●×●|×●○|●×○|●×●|●◎×|●◎◎|◎◎○| ○○◎|○○◎|○○×|○○●|●×○|×●○|●○●|◎○○|○○◎|○○◎| ×●○|×●○|●○×|●○●|××○|××○|○○●|◎◎○|●×○|●×○| ●●◎/●●◎/●●◎/●●◎/●●◎/●●◎/●●◎/●●◎/●●◎/●●◎/ ×××|×××|×××|×××|×××|×××|×××|×××|×××|×××| ●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎| ●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎| ○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○○| __○/_●○/_○○/_●○/ __◎|_○◎|_●◎|_○◎| __◎|●●○|●○●|●●●| __●/●○○/●○○/○○○/ __●|×●●|×●●|×●●| ×◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●| ●●◎|●●◎|●●◎|●●◎| ○○○|○○○|○○○|○○○| ●●◎/●●◎/●●◎/●●◎/ ×××|×××|×××|×××| ●○◎|●○◎|●○◎|●○◎| ●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎| ○○○|○○○|○○○|○○○|
折返し「横3-2段型」 __●/__●/__●/__×/__×/ __◎|__◎|__●|__◎|__◎| _○○|_○○|_○◎|_●●|_○○| _○◎/_○◎/_○○/_●◎/_○◎/ ×●◎|×◎◎|×◎◎|×○◎|○●◎| ○○◎|●○●|●○◎|●×◎|××◎| ●●●|○●●|○●●|○××|○○×| ○○◎|○○◎|○○◎|○○◎|×○◎| ●●●/●●●/●●●/●●●/●●●/ ×××|×××|×××|×××|×××| ●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎| ●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎| ○○○|○○○|○○○|○○○|○○○| __○/_◎●/_●◎/__●/_○◎/_○×/_○●/_○×/ __●|_●●|_○○|__◎|_××|_●●|_◎×|_◎●| _◎◎|●◎◎|○●●|__◎|●×○|●○○|◎○○|◎○○| _◎●/◎○◎/◎○●/×○◎/○●○/◎●○/◎×○/◎●○/ ◎●●|○●●|○◎◎|●●●|●×○|×××|●○×|●○●| ○○○|○○●|○◎○|×××|●××|◎○◎|○●×|××●| ◎●◎|◎●◎|◎●◎|●○◎|●○◎|◎◎○|●●◎|×○◎| ◎◎×|◎◎×|◎◎×|○○×|○○×|○○×|○○×|○○×| ●●●/●●●/●●●/●●●/●●●/●●●/●●●/●●●/ ×××|×××|×××|×××|×××|×××|×××|×××| ●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎| ●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎| ○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|
折返し「横3-2段型」へ合流できる形。 ___|___|___|___|___|___|___| ○◎◎|○◎◎|○◎◎|○◎◎|○◎◎|○◎◎|○◎◎| ○○●|○○●|○○●|○○×|○○×|○○×|○○×| ◎◎◎/●◎●/●◎◎/●◎◎/●◎◎/●◎◎/●◎◎/ ●○●|●◎◎|●◎●|●×◎|○×◎|○●◎|●○◎| ○●●|○●●|○●●|○○×|○●×|○××|○××| ○◎◎|◎◎◎|◎◎◎|◎◎×|◎◎×|◎◎×|◎◎×| ●○◎|○○○|○○○|○○◎|○○◎|○○◎|○○◎| ___|___|___|___|___| ○◎◎|○◎◎|○◎◎|◎○○|◎○○| ○○×|○○×|○○×|◎◎×|◎◎●| ◎◎◎/◎◎◎/◎◎◎/○○○/○○○/ ●●×|●○×|●××|●◎×|●◎●| ○○×|●○×|●○×|●××|◎●●| ◎◎×|◎◎×|◎◎◎|◎◎◎|●◎◎| ○○◎|○○◎|○○○|○○○|○○○| L字型へ合流できる形。 __×/__●/__●/ __◎|__◎|__◎| _○○|__○|__○| _◎○/●○○/●○○/ ●○◎|○◎◎|○◎◎| ××◎|●●◎|●●◎| ○○×|○○●|●○○| ○×◎|○×◎|○×◎| ●●●/●●●/●●●/ ×××|×××|×××| ●○◎|●○◎|●○◎| ●◎◎|●◎◎|●◎◎| ○○○|○○○|○○○|
折返し「横3-3段型」 __●/_●○/__○/_●○/ __○|_××|×××|_××| __○|×●○|◎●○|○×○| ◎●○/◎○○/●○○/◎○○/ ●●◎|●●◎|●●◎|●●●| ◎○×|◎○×|◎○×|◎×◎| ◎◎●|◎◎●|◎◎●|◎◎●| ○○○|○○○|○○○|○○○| ●●●/●●●/●●●/●●●/ ×××|×××|×××|×××| ●○◎|●○◎|●○◎|●○◎| ●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎| ○○○|○○○|○○○|○○○|
折返し「横3-4段型」 _●○/_●○/_○_/_◎_/_◎◎/___/ _××|_××|×××|●○◎|_○×|_×_| ×○○|×○○|●○◎|●●×|●●○|_◎◎| ◎○◎/◎○◎/○○×/○○○/●○○/○○×/ ●●×|●●×|●◎●|×◎●|×◎●|○◎●| ●○●|●○●|●●○|◎◎○|◎◎○|◎◎○| ◎◎◎|◎◎◎|◎◎◎|×××|×××|×××| ○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○○| ●●●/●●●/●●●/●●●/●●●/●●●/ ×××|×××|×××|×××|×××|×××| ●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎|●○◎| ●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎| ○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|○○○|
折返し「横3-5段型」 _●◎/ _××| ○○●| ○×○/ ××◎| ●●●| ◎◎◎| ○○○| ●●●/ ×××| ●○◎| ●◎◎| ○○○|
その他。 図1 図2 図3 図4 __×/__×/__●/_●◎/ ●●●|__●|__◎|_××| ○○×|_◎◎|_●●|○○●| ●××/_◎●/_●◎/○×○/ ○○◎|◎○●|◎○◎|××◎| ●○●|○×●|●●◎|●●●| ●◎●|○××|○○●|◎◎◎| ●○◎|○●◎|○●◎|○○○| ○◎●/◎◎●/◎◎●/●●●/ ○◎●|◎●●|◎●●|×××| ●○◎|●○◎|●○◎|●○◎| ●◎◎|●◎◎|●◎◎|●◎◎| ○○○|○○○|○○○|○○○| 図1。連鎖尾側に隣接している3連結または4連結が多いため、その分色制約が厳しくなる。 4連結「●」が6-9段目までの4段隣接し、4連結「○」が4-6段目から3段隣接している。 図2。4連結「○」が連鎖尾側に3段隣接し、その分色制約が厳しくなる。 図3。4連結「○」が連鎖尾側に2段隣接し、色制約は「図1図2」よりも緩くなるので採用優先度が高い。 図4。「横3-5段型」は各色の隣接段数が1段なので形としては色制約が緩いのが強み。 ただし後乗せキーぷよ個数が多くて、折返し最上部で行う単発消しの整地が難しくなる。 真ん中部分の色制約が緩いことの皺寄せで最上部の色制約が厳しくなる。
ぷよ通スコア1面で40万点以上を目指す。 18連鎖は、33万6800点。 19連鎖は、37万6760点。 全消しボーナスは、AC(アーケード版)で2100点。MD(メガドライブ版)で4200点。 15連鎖目以降の連結1個の得点は正確には9990点だが、便宜上1個1万点と計算するため得点合計値は概算。 全消し2回含むの1面得点は、MDで41万200点なら、ACの40万6000点と同等と考える。
ACで40万点を出すには下記のようになる。 ・19連鎖(37万6760点)+連結2個(2万)+本線全消し(2100) = 約39万8840点 ・18連鎖(33万6800点)+連結6個(6万)+本線全消し(2100) = 約39万8840点 上記得点に加えて単発消し数回(1160点)以上を含めると40万点を達成できる。 MDなら上記の全消し得点が4200点なため単発消し含めずに達成できる。 ------------------------ MDで41万点を取るには。 ・19連鎖(37万6760点)+連結2個(2万)+本線全消し(4100) = 約40万1040点 ・18連鎖(33万6800点)+連結6個(6万)+本線全消し(4100) = 約40万1040点 上記の連鎖とさらに不足分の9000点を下記のように稼ぐ。 ・相殺(2900点)、開幕全消し(4100点)、本線後2ダブ(2000点) ・相殺(6000点)、本線後2ダブ(3000点) 開幕全消しはお互いの全消し消化を上手く相殺できれば得点不足分を効率よく補える。 本気で41万点を目指すなら開幕全消しが来るまでリセットするのはあり。 開幕お互い全消しの後に、こちらは無駄消しせず本線を組み、途中で無駄消しをしなければいけないところで、無限回しをして相手が消すのを待てば安全に全消し消化できる。 全消しに頼らないのであれば、1面の敵選択はスケTではなく、置く速度が早くて頻繁に消してくる敵のほうが最大得点を狙いやすい。 敵によって消しやすさが変わるかどうかはわからない。 1面はどの敵も回転をしないため、単発や2連をどの程度撃てるかは運に左右される。 頻繁に単発や2連を撃ってくる場合は相殺で5000点くらい稼げることもある。 ただそれ以上はマージンタイムに突入して敵も自分も死にやすい。 相殺で稼いだ上で理論値本線を発火するという難易度も高くなる。 結論としてはスケT相手に開幕全消し開始が一番41万点を越えられる可能性が高いが、それでも相殺と本線発火後の連鎖で約5000点稼ぐにはさらに運がいる。
40万点を目指す「盛り土台」の形の例。 理論値本線とは「19連鎖+連結2個(2万)」か「18連鎖+連結6個(6万)」のこと。 あるいは15連鎖目以降に同時消しになる形でもいい。 図1 図2 図3 ◎◎_○×○/◎◎_◎×○/◎◎_●◎○/ ○○_●○●|×●_●◎●|×◎_◎●×| ×○●○××|×○●◎××|×○◎●◎◎| ●×●○×●/●○×◎×●/●○×●◎×/ ●●×●◎●|●●×●◎●|●●×◎××| ××●○○●|××●○○●|××●○○○| ○○×◎◎○|○○×◎◎○|○○×◎●◎| ◎◎○◎×◎|◎◎○◎×◎|◎◎○◎◎×| ●●◎●●●/●●◎●●●/●●◎●●●/ ●◎●×××|●◎●×××|●◎●×××| ◎○○●○◎|◎○○●○◎|◎○○●○◎| ○◎◎○◎◎|○◎◎○◎◎|○◎◎○◎◎| ○●●●○○|○●●●○○|○●●●○○| 図1。「○●」「●◎」「●×」16分の6で理論値本線発火。 図2。「○●」「●×」16分の4で理論値本線発火。 図3。「◎○」「◎×」「◎◎」16分の5で理論値本線発火。

連鎖尾連結盛り土台。その他。

連鎖尾に連結を盛ることを意識した土台。 究極形と比較すると利点がないのでボツにした。 連結の足しやすさでもkenny式に劣る。
基本形17連鎖。ここから連結を足して発火する。 17連鎖の場合は11連鎖目から連鎖尾の上に繋がる。 連結を足す12連鎖目以降の連鎖ボーナスは「700(12連),800(13連),900(14連),999(15連以降)」で、連結1個あたり平均で8000-9000点を望める 左折と右折では発火点の形が異なり、連結の付け足し方に違いがある。 左折のほうが連結を目一杯付け足しやすいが、17連鎖を保持するリスクが高い。 17連鎖前提なら右折のほうが死ぬリスクが少ない 難易度的には右折のほうが簡単なので右折を基本として図を掲載する。 ◎●____/◎●____/____●◎/ ○◎_○_◎|○◎___◎|◎__○◎○| ●○○×_○|●○○○_○|○__○○●| ○◎◎×_◎/○◎◎×_◎/◎__◎◎○/ ●●◎●_●|●●◎●_●|●_●◎●●| ●○○●●◎|●○○●●◎|◎●●○○●| ○●●◎◎●|○●●◎◎●|●◎◎●●○| ●○○●●◎|●◎◎●●◎|◎●●○○●| ○●●◎◎●/◎○×◎◎●/●◎◎●●○/ ◎○○●○◎|●○○●○◎|◎○●○○◎| ◎◎●◎◎○|×××◎◎○|○◎◎●◎◎| ○○●◎●○|●○●◎●○|○●◎●○○| ○●○○○●|●●○○○●|●○○○●○| ---------------------------------------- 左折、右折、どちらが優れているかは検証不足だが左折がおそらく優れている。 ただ、17連鎖を組むには折り返し側を目一杯敷き詰める必要があるが、左折のときは発火できる状態を保持するとお邪魔1個で死ぬため、発火保持ができないのが辛い。 連結を盛ることよりも死なないことを優先するために右折のほうがいいかもしれない。 図1 図2 図3 図4 ____●◎/____●◎/◎●__●●/◎●__●●/ ◎__○◎○|◎___◎○|○◎_○◎◎|○◎_◎◎◎| ○__○○●|○_○○○●|●○○●○○|●○○○×○| ◎__◎◎○/◎_×◎◎○/○◎◎○●◎/○◎◎●●×/ ●_●◎●●|●_●◎●●|●●◎●◎●|●●◎××○| ◎●●○○●|◎●●○○●|●○○●●◎|●○○●×○| ●◎◎●●○|●◎◎●●○|○●●◎◎●|○●●○○×| ◎●●○○●|◎●●○○●|●○○●●◎|●○○●●○| ●◎◎●●○/●◎◎●●○/○●●◎◎●/○●●××●/ ◎○●○○◎|◎○●○○◎|◎○○●○◎|◎○○●○×| ○◎◎●◎◎|○◎◎●◎◎|◎◎●◎◎○|◎◎●◎◎○| ○●◎●○○|○●◎●○○|○○●◎●○|○○●◎●○| ●○○○●○|●○○○●○|○●○○○●|○●○○○●| 図1。右折。なるべく456列目で完結したい。 図2。右折。発火点が3列目に食い込むと足せる連結の量が減る。 図3図4。左折。123列目で発火点を完結させず4列目に食い込ませて極限まで連結を盛れる。
この辺りまでは固定でこれ以降はアドリブで伸ばす。 ここから折返し部分を無駄なく敷き詰めれば17連鎖になる。 _____◎/ _____○| _____●| _____○/ _____◎| _●●○○◎| ●◎◎●●○| ◎●●○○●| ●◎◎●●○/ ◎○●○○◎| ○◎◎●◎◎| ○●◎●○○| ●○○○●○| 上部の優先順位としては、折返しの端2列をとりあえず13段目まで敷き詰めておきたい。 連鎖尾側の上部はある程度融通が利く。 連鎖尾側はなるべく4色使ったほうが連結として吸収されやすい。 逆に折り返し側は色数を減らして作ったほうが上部に使える色が増える。 ____◎◎/____◎◎/____◎◎/____◎◎/ ____×○|____×○|○__○×○|◎___×○| ____○●|____○●|◎◎●○○●|○◎○○○●| ___◎×○/___××○/●×●◎×○/◎○◎××○/ ___××◎|___◎×◎|◎●○××◎|×◎●◎×◎| _●●○○◎|_●●○○◎|◎●●○○◎|◎●●○○◎| ●◎◎●●○|●◎◎●●○|●◎◎●●○|●◎◎●●○| ◎●●○○●|◎●●○○●|◎●●○○●|◎××○○●| ●◎◎●●○/●◎◎●●○/●××●●○/×◎◎●●○/ ◎○●○○◎|◎○●○○◎|×○●○○◎|◎○●○○◎| ○◎◎●◎◎|○◎◎●◎◎|○◎◎●◎◎|○◎◎●◎◎| ○●◎●○○|○●◎●○○|○●◎●○○|○●◎●○○| ●○○○●○|●○○○●○|●○○○●○|●○○○●○|
折返し下部の許容形。 ---------------------------------------- 3色必要。 ______|______|______| _◎◎●●_/_◎◎●●_/_◎◎●◎_/ ◎○●○○◎|◎○●○◎○|◎○●○●○| ○◎◎●◎◎|○◎◎●○○|○◎◎●○○| ○●◎●○○|○●◎●◎◎|○●◎○●●| ●○○○●○|●○○●○◎|●○○◎◎◎| ---------------------------------------- 4色必要。 ______|______|______| _◎◎●◎_/_◎◎●●_/_◎◎●●_/ ◎○●○●×|◎○●○◎×|◎○●○×◎| ○◎◎○××|○◎◎○××|○◎◎×◎◎| ○●◎●●●|○●◎●◎◎|○●◎●××| ●○○◎◎◎|●○○●●◎|●○○○●●| ---------------------------------------- 2段目仕掛け型。5,6列目の1組の色制約が厳しくなる。 ______|______|______|______|______| _◎◎●●_/_◎◎●●_/_◎◎○○_/_◎◎●◎_/_◎◎○○_/ ◎×●○◎○|◎×●○◎×|◎×●○◎×|◎×●○●○|◎×●○×●| ×◎◎●○○|×◎◎○××|×◎◎●××|×◎◎●○○|×◎◎×●●| ×○○●◎◎|×○○●◎◎|×○○◎◎◎|×○○◎●●|×○○●××| ●●◎○●◎|●●◎●●◎|●●◎○○○|●●◎○◎◎|●●◎○○○|
形の配色によって色制約が増える。 図1 図2 図3 図4 ______|______|_●●___|_●●___| _◎◎●×_/_◎◎●●_/●◎◎●×_/●◎◎●×_/ ◎○●○◎●|◎○●○◎○|◎○●○◎○|◎○●○●○| ○◎◎×●●|○◎◎●○○|○◎◎×○○|○◎◎×○○| ○●◎×◎◎|○●◎●◎◎|○●◎×◎◎|○●◎×●●| ●○○○×◎|●○○○●◎|●○○○×◎|●○○○×●| 図1図2。2色置ける。 図3図4。「◎」しか置けない
同じ方向性で連鎖尾の端がずれるタイプもある。 折返しに1マス無駄が発生しやすく、色制約が厳しくなり、連結足しやすさなどでやや劣る。 ____●◎/●___●◎/ __○_◎○|○_○_◎○| _○●○○●|◎_◎○○●| ●●○◎◎○/●×○◎◎○/ ●◎○◎●●|●◎○◎●●| ◎●●○○●|◎●●○○●| ○◎◎●●○|○◎◎●●○| ◎○○◎◎●|●○○××●| ○●●○●◎/●●◎◎●×/ ○○●○◎○|◎××○◎○| ●◎◎●○○|●◎×◎○○| ○○○●◎◎|○○○●◎◎| ●●●◎●◎|●●●◎●●|
図1 図2 ______/____○○/ ◎_____|◎__◎●◎| ○_____|○__◎◎○| ◎__○◎×/◎_×●●◎/ ●◎_◎◎●|○_○●○○| ○◎◎○○○|◎○○◎◎○| ◎○○●●●|○◎◎○○◎| ○●●×○×|◎○○◎◎○| ●◎◎○××/○◎◎●●◎/ ◎○●○○●|◎○●○◎○| ○◎◎×××|○◎◎●○○| ○●◎●○●|○●◎●◎◎| ●○○○●●|●○○○●◎| 図1。折返しはアドリブで縦伸ばし可能だが連鎖尾との兼ね合いで色制約が厳しくなる。 図2。盛り土台の基本形の利点は、部分的に2色で作れるパーツが多いこと。 階段積みやカギ積みが単純繰り返しの形で部分的に2色で作れるのと同じ特性がある。 2色で作れるということは即ち色制約の少なさを表す。
最上部の理想で言えば、kenny式のように第3土台の16連鎖から18連鎖までの形をカギ積みにしたい。 ツモが良ければ前伸ばしで綺麗に伸ばす余地を含ませることでkenny式の最上部の利点を得たい。 第3土台をカギ積みにすると折返しと連鎖尾の摩擦が大きくなり、色制約が厳しくなり暴発リスクが高まる。 ____●○/____◎●/____◎●/____●◎/____●○/____●○/ ___◎×◎|____×○|____×○|____○×|____◎●|____◎●| ●__◎◎○|●__×◎◎|●__×◎◎|◎__○●●|●__○○◎|●__○◎×| ○__××◎/○__×◎○/○__×◎○/×○_○●×/◎○_○◎×/◎○_○○●/ ○◎○×●●|○◎○◎×○|○◎○◎×○|○×○●××|○×○●◎●|○×○◎◎●| ●○○◎◎●|●○○×●○|●○○●●○|◎○○◎◎◎|◎○○××●|◎○○××●| ○◎◎○○◎|○◎◎×●●|○◎◎××●|○◎◎●○×|○◎◎●●×|○◎◎◎○×| ◎●●◎◎○|◎●●×○×|◎●●×○×|◎○○●●◎|◎○○◎○●|◎○○●●●| ●◎××●◎/●◎×◎◎○/●◎×◎◎○/○×●○○○/○××○○×/○××○○×/ ○●×○◎○|○●×◎○○|○●×◎○○|×○○◎◎◎|×○○◎◎◎|×○○◎◎◎| ○◎◎●○○|○◎◎○●×|○◎◎○●×|○◎◎○●×|○◎◎○●×|○◎◎○●×| ●◎×●◎◎|●◎×○××|●◎×○××|◎●●○××|◎●●○××|◎●●○××| ●○○○●◎|●○○●●●|●○○●●●|●○○●●●|●○○●●●|●○○●●●| _____◎/_____◎/____○○/ ____××|___◎●×|◎__○◎◎| ●___●○|●__××○|○__○○●| ◎○__◎●/◎○◎×◎×/×__◎◎×/ ○×○◎●×|○×○◎●●|○●_◎○○| ◎○○◎●×|◎○○××●|◎●●××○| ○◎◎○○×|○◎◎○○×|●◎◎●●×| ◎○○××○|◎○○××○|◎○○◎◎●| ○××●●×/○××●◎×/○××●●◎/ ×○●○×◎|×○●○●○|×○●○×○| ○◎◎×◎◎|○◎◎●○○|○◎◎×○○| ○●◎○××|○●◎○●●|○●◎○××| ●○○●●●|●○○◎◎◎|●○○●●●| ____●○/____●○/____◎●/○____○/ ___◎×◎|___◎×◎|____×○|◎____◎| ●__◎◎○|___◎◎○|●__×◎◎|●____○| ○__××◎/○●_××◎/○__×◎○/●____●/ ○◎○×●●|×○●×●●|○○○◎×○|◎○○_○○| ●○○◎◎●|●○○◎◎●|○●○×●○|○◎◎●●○| ○◎◎○○◎|○●●○○◎|○●●×●●|○◎●○○●| ◎●●◎◎○|×◎×◎◎○|●×●◎○×|●×●××○| ●◎××●◎/×○××●◎/●○●○○×/●○×◎◎×/ ○●◎○◎○|●○◎○◎○|◎○×◎◎◎|◎○×○●○| ○◎×●○○|●○◎●○○|◎○×○●×|◎○×◎○○| ●◎×●◎◎|●×◎●◎◎|◎●×○××|◎●○●●●| ●○○○●◎|×○○○●◎|●○○●●●|●○○◎◎◎|

kenny式 連結盛り色配置

連結を足しやすい色配置。 「×」の位置は同色じゃないほうがいい。 階段積み。kenny式。 ______/______/______/______/______/______/ ______|______|______|______|______|______| ●_____|●_____|●_____|●_____|●_____|●_____| ○×____/○×____/○×____/○○____/○○____/○○____/ ●○◎___|●○◎___|●○◎___|●×◎___|●◎×___|×●◎___| ○◎●___|○◎●___|○◎●___|×◎●___|◎×●___|●◎●___| ×○◎___|×○◎___|×○◎___|○×◎___|○◎×___|○●◎___| ×○◎___|×○◎___|×○◎___|○×◎___|○◎×___|○●◎___| ×●●___/×●●___/×●●___/○●●___/○●●___/○××___/ ●×○___|●◎×___|●◎○×__|●◎○×__|●◎○×__|×◎○×__| ○●×○__|○●◎×__|○●◎○×_|○●◎○×_|○●◎○×_|○●◎○×_| ○●×○__|○●◎×__|○●◎○×_|○●◎○×_|○●◎○×_|○●◎○×_| ○●×○__|○●◎×__|○●◎○×_|○●◎○×_|○●◎○×_|○●◎○×_| 2列目に「×」以外の色を1個挟めば下の「×」へ連結を足せる。 ______/______/ _×____|_×____| ●●____|●○____| ○×____/○×____/ ●○◎___|●○◎___| ○◎●___|○◎●___| ×○◎___|×○◎___| ×○◎___|×○◎___| ×●●___/×●●___/ ●×○___|●×○___| ○●×○__|○●×○__| ○●×○__|○●×○__| ○●×○__|○●×○__|
位置の記法。 第1土台の5列目は「1-5」 第2土台の3列目は「2-3」 左側の中間のクッションは「船1」「m1」 右側の中間の船は「船2」「m2」
連結盛りの評価値。 a。そのまま1個置ける。 b。そのまま縦2連結で置ける。 c。そのまま1個置ける。且つ、クッション1個起き、さらにその上に置いても消える。 f。1列離れた列に置くことで2列離れた列に置いても消える。 g。クッション1つ置かないと消えない。 この色配置の盛り評価 図1 図2 図3 図4 ______/______/______/______/ ______|______|______|______| ●_____|●_____|●_____|______| ○×____/○○____/○○____/●◎○___/ ●○◎●◎_|●◎○●×_|●×○___|◎○×●×_| ○◎●◎●●|◎○●×●●|×○____|●×●×●●| ×○◎●◎●|○◎○●×●|○×○___|◎○×●×●| ×○◎●◎●|○◎○●×●|○×○___|◎○×●×●| ×●●○×○/○●●◎○◎/○●●×○×/◎●●○◎○/ ●×○◎○○|●×◎×◎◎|●×◎●××|●×○×○○| ○●×○◎×|○●×◎×○|○●×◎●○|◎●×○×◎| ○●×○◎×|○●×◎×○|○●×◎●○|◎●×○×◎| ○●×○◎×|○●×◎×○|○●×◎●○|◎●×○×◎| 図1。a6-b5-c0-f1-g2。 図2。a8-b7-c1-f1-g0。a4-b4-c1-f1-g0 折返し側3列付け足し限定 図3。 a4-b4-c2-f1-g0 折返し側3列付け足し限定 図4。a6-b5-c3-f1-g0。a4-b4-c1-f1-g0 折返し側3列付け足し限定
盛り用の形。 a5-b4-c2-f1-g0 折返し側3列付け足し限定 ______/______/______/______/______/______/______/ ______|______|______|______|______|______|______| ●_____|●_____|●_____|●_____|●_____|●_____|●_____| ○_○___/○_○___/○_○___/○_○___/○_○___/○_○___/○_○___/ ●○×___|●○◎___|●○×___|●○●___|●○◎___|●○◎___|●○×___| ○×◎___|◎◎×___|◎◎×___|◎◎●___|○◎×___|○◎×___|○◎×___| ×◎●●__|××●●__|××●●__|●●○○__|××●●__|◎×●●__|××●●__| ×◎◎●__|○◎×●__|○◎◎●__|○◎◎○__|◎×◎●__|××◎●__|◎◎◎●__| ○●●×○×/○●●×○×/○●●×○×/○●●×○×/○●●×○×/○●●×○×/○●●○◎○/ ●×◎●××|●×◎●××|●×◎●××|●×◎●××|●×◎●××|●×◎●××|●×◎×○○| ○●×◎●○|○●×◎●○|○●×◎●○|○●×◎●○|○●×◎●○|○●×◎●○|○●×◎×◎| ○●×◎●○|○●×◎●○|○●×◎●○|○●×◎●○|○●×◎●○|○●×◎●○|○●×◎×◎| ○●×◎●○|○●×◎●○|○●×◎●○|○●×◎●○|○●×◎●○|○●×◎●○|○●×◎×◎| ---------------------------------------- 上記とは盛り評価が少し異なる。 ______/______/______/______/______/______/ ______|______|●_____|●_____|●_____|●_____| ●_____|●_____|○_____|○_____|○_____|○_____| ○○____/○○____/●_____/●_____/●_____/●_____/ ●◎○●__|●◎○●__|◎○○___|◎○○___|◎○○___|×○○___| ○××●__|○×◎●__|◎◎×___|×◎×___|○◎×___|××◎___| ×●●___|×●●___|××●___|××●___|××●___|◎◎●___| ◎×◎◎__|◎××◎__|○◎×●__|○◎◎●__|×◎◎●__|○×◎●__| ○●●○◎○/○●●○◎○/○●●○◎○/○●●○◎○/○●●○◎○/○●●○◎○/ ●×◎×○○|●×◎×○○|●×◎×○○|●×◎×○○|●×◎×○○|●×◎×○○| ○●×◎×◎|○●×◎×◎|○●×◎×◎|○●×◎×◎|○●×◎×◎|○●×◎×◎| ○●×◎×◎|○●×◎×◎|○●×◎×◎|○●×◎×◎|○●×◎×◎|○●×◎×◎| ○●×◎×◎|○●×◎×◎|○●×◎×◎|○●×◎×◎|○●×◎×◎|○●×◎×◎| ______/______/______/______/ ______|______|______|______| ●_____|●_____|●_____|●_____| ○○____/○○____/○●◎___/○○____/ ●◎○___|●◎○___|◎◎○___|●◎○___| ◎◎×___|○◎×___|○○×___|×××___| ××●●__|××●●__|××●●__|◎×●●__| ○×◎●__|◎×◎●__|◎○×●__|○◎◎●__| ○●●×○×/○●●×○×/●◎●○◎○/●○○○◎○/ ●×◎●××|●×◎●××|●×◎×○○|●×◎×○○| ○●×◎●○|○●×◎●○|○●×◎×◎|○●×◎×◎| ○●×◎●○|○●×◎●○|○●×◎×◎|○●×◎×◎| ○●×◎●○|○●×◎●○|○●×◎×◎|○●×◎×◎|
図1 図2 図3 ______/______/______/ ______|______|______| ●_____|◎_____|◎×____| ◎_○___/○_○___/○◎×___/ ●○×___|●○×___|●×◎___| ○×○___|○×○___|×○◎___| ×○●●__|×○●●__|○◎●●__| ×○○●__|×○○●__|○○◎●__| ○●●×○×/○●●×○×/×●●×○×/ ●×◎●××|●×◎●××|●×◎●××| ◎●×◎●○|○◎×◎●○|○◎×◎●○| ◎●×◎●○|○◎×◎●○|○◎×◎●○| ◎●×◎●○|○◎×◎●○|○◎×◎●○| 図1。1-1と1-4が「◎」の同色の位置関係は使っていい。 図2。1-2と1-4が「◎」の同色の位置関係は連結足すときに暴発しやすいので避ける。 図3。この「×」の色配置なら2列目に1個の「◎」クッションを置けば全て回収できる。
図1 図2 図3 図4 ______/______/______/______/ ______|______|______|______| ●_____|●_____|●_____|●●____| ○○____/○×____/○○____/○○____/ ●×○___|●◎○___|●×◎×○_|●×●___| ×○____|◎○____|×◎×○●●|×●____| ○×○___|×◎○___|○×◎×○●|○×●___| ○×○___|×◎○___|○×◎×○●|○×●___| ○●●◎○◎/×●●◎○◎/○●●○×○/○●○◎×◎/ ●×◎×◎◎|●×○×◎◎|●×○◎○○|●×◎○◎◎| ○●×◎×○|○●×○×○|○●×○◎×|○●×◎○×| ○●×◎×○|○●×○×○|○●×○◎×|○●×◎○×| ○●×◎×○|○●×○×○|○●×○◎×|○●×◎○×| 図1。a4-b3-c2-f1-g0 折返し側3列付け足し限定。 図2。a2-b2-c0-f1-g2 折返し側3列付け足し限定。 図3。a3-b2-c3-f1-g1 全体。悪い例。

階段派生テンプレ

階段からの派生形まとめ。 基本は純正kenny式を目指す。 第1土台から第2土台へ取り掛かるときに、無駄消しが多くなりそうなら別の形へ派生する。
純正kenny式。「9段折返し」+「5段連鎖尾」 ___○◎○/___○◎○/ ●_●●○●|__●●○●| ○_●○◎◎|●_●○◎◎| ●_●○◎●/○◎●○◎●/ ◎○◎●○●|●○◎●○●| ○◎●○◎●|○◎●○◎●| ◎○◎●○◎|◎○◎●○◎| ◎○◎●○◎|◎○◎●○◎| ◎●●○●○/◎●●◎●●/ ●◎○◎○○|●◎○●○●| ○●◎○◎●|○●◎○◎○| ○●◎○◎●|○●◎○◎○| ○●◎○◎●|○●◎○◎○|
「9段折返し」+「5段連鎖尾+1連」 連鎖尾を1連追加する。 5段連鎖尾を組みづらいときに採用。 前伸ばしが1連減ることで折り返し下部付近の連結が1個あたり1000点減る。 許容形は多い。 ____◎●/____◎●/____◎●/____◎●/____◎●/ ____●○|____●○|____●○|____●○|____●○| ●__●◎◎|●__●◎◎|●__●◎◎|●__●◎◎|●__●◎◎| ○○_●◎○/○○_●◎○/○○_●◎○/○○_●◎○/○○_●◎○/ ●◎○◎○○|●◎○◎○○|●◎○◎○○|●◎○◎○○|●◎○◎○○| ◎○◎●●●|◎○◎●●●|◎○◎●●●|◎○◎●●●|◎○◎●●●| ○◎○◎○○|○◎○◎◎×|○◎○◎◎×|○◎○◎◎×|○◎○◎◎×| ○◎○◎●○|○◎○●●×|○◎○●●×|○◎○●○●|○◎○●××| ○●●○○●/○●●××●/○●●×○●/○●●×●●/○●●◎●●/ ●◎○◎●●|●◎○◎○●|●◎○◎×●|●◎○◎××|●◎○◎○×| ○●◎○◎○|○●◎○◎○|○●◎○◎○|○●◎○◎○|○●◎○●○| ○●◎○◎○|○●◎○◎○|○●◎○◎○|○●◎○◎○|○●◎○◎○| ○●◎○◎○|○●◎○◎○|○●◎○◎○|○●◎○◎○|○●◎○◎○| ____◎●/____◎●/____◎●/ ____●○|____●○|____●○| ●__●◎◎|●__●◎◎|●__●◎◎| ○○_●◎○/○○_●◎○/○○_●◎○/ ●◎○◎○○|●◎○◎○○|●◎○◎○○| ◎○◎●●●|◎○◎●●●|◎○◎●●●| ○◎○◎◎×|○◎○◎◎×|○◎○◎◎×| ○◎○××●|○◎○××●|○◎○●●×| ○●●◎○●/○●●×○●/○●●×○●/ ●◎○◎●○|●◎○◎●○|●◎○◎×○| ○●◎○×○|○●◎○◎○|○●◎○◎○| ○●◎○◎○|○●◎○◎○|○●◎○◎○| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●|
「9段折返し」+「4段連鎖尾」 前伸ばしが1連伸びることで折り返し付近の連結が1個あたり1000点増える。 5段連鎖尾を組みづらいときに採用。 ____●◎/____◎◎/____×◎/____●◎/ ●___◎○|●___●○|____●○|●___◎○| ○__◎●◎|○__◎◎●|●__●×◎|○__◎◎×| ●__◎●●/●__◎●●/○_○●××/●__●●●/ ◎○◎○◎◎|◎◎●○◎◎|●○×○●◎|○×◎×××| ◎○◎○●◎|××●○●◎|××◎○◎◎|○×◎○●○| ○◎○●○○|●●○●◎○|◎◎○●○○|×◎×○●○| ◎○◎●◎○|◎××●○○|○×◎●◎○|○◎○●◎○| ◎●●○●◎/◎●●○●◎/○●●○●◎/○●●○●◎/ ●◎○◎○◎|●◎○◎○◎|●◎○◎○◎|●◎○◎○◎| ○●◎○◎○|○●◎○◎○|○●◎○◎○|○●◎○◎○| ○●◎○◎○|○●◎○◎○|○●◎○◎○|○●◎○◎○| ○●◎○◎○|○●◎○◎○|○●◎○◎○|○●◎○◎○|
「8段折返し」+「5段連鎖尾」 折返し付近の連結を盛る。 16連鎖+連結盛りで30万点以上出すには連結が大体6個以上必要 ______/______/_____●/_____●/_____◎/ ______|______|_____○|_____◎|_____●| ______|______|____◎◎|_____◎|_____×| ●_____/______/●___◎○/____○◎/●__●××/ ○__●○_|●●_●○_|○__●○○|●●◎●◎●|○__●○●| ●○◎○◎_|○○◎○◎_|●○◎●◎●|○○●○●●|●○◎○●●| ●◎●●○◎|●◎●●○◎|○◎●◎●●|●◎●○◎◎|○◎●○◎◎| ○○◎●○◎|○○◎●○◎|○◎◎●◎◎|○○◎●○◎|○◎◎●○◎| ○●◎○●○/○●◎○●○/○●●○●○/○●◎○●○/○●●○●○/ ●◎○◎○○|●◎○◎○○|●◎○◎○○|●◎○◎○○|●◎○◎○○| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●| 16連鎖26万点+連結6個46000点(6000*1 + 7000*2 + 8000*1 + 9000*2) ____◎◎/ ●___×●| ○◎_×◎◎| ●◎○×◎●/ ○××●○●| ●○◎○◎●| ○◎●●○◎| ○◎◎●○◎| ○●●○●○/ ●◎○×○○| ○●◎○×●| ○●◎○×●| ○●◎○×●|
「8段折返し」+「4段連鎖尾」 折返し付近の連結を盛る。 ____○◎/_____◎/_____◎/ ____○●|___●○●|___●○●| ___●●◎|___●●◎|___●●×| ●__●○○/___○○○/●__○○○/ ○__◎◎◎|●●_●◎◎|○__◎××| ●○◎●○●|○○◎●○◎|●○×◎○×| ●◎●○○●|●◎●○●●|○×◎○●●| ○○◎●◎●|○○◎○◎●|○××○◎●| ○●◎●○◎/●○◎●○◎/○●●◎○◎/ ●◎○×●◎|●◎○×●◎|●◎○×●◎| ○●◎○×●|○●◎○×●|○●◎○×●| ○●◎○×●|○●◎○×●|○●◎○×●| ○●◎○×●|○●◎○×●|○●◎○×●| ○___○◎/×___◎◎/____◎◎/○____◎/○____◎/ ◎___○●|◎___×●|○___×●|●__●○●|●__●○●| ●○_●●◎|◎×_×◎×|●○_×◎×|◎×_●●×|◎×_●●×| ◎◎×●○○/●○_×◎◎/××_×◎◎/●○×○○○/◎○×○○○/ ●●○◎◎◎|○◎×●○×|●○×●○×|○◎○◎××|●◎○◎××| ×◎×●○●|●○◎●××|◎×◎●××|●○×◎○×|○○×◎○×| ●×●○○●|●◎●○◎●|○◎●○◎●|○×◎○●●|●×◎○●●| ◎◎×●◎●|○○◎○●●|××◎○●●|○××○◎●|○××○◎●| ◎●×●○◎/○●◎●○◎/×○◎●○◎/○●●◎○◎/○●●◎○◎/ ●◎○×●◎|●◎○×●◎|○×○×●◎|●◎○×●◎|●◎○×●◎| ×●◎○×●|○●◎○×●|◎●×○×●|○●◎○×●|○●◎○×●| ×●◎○×●|○●◎○×●|◎●×○×●|○●◎○×●|○●◎○×●| ×●◎○×●|○●◎○×●|◎●×○×●|○●◎○×●|○●◎○×●|

カギ派生テンプレ

カギ積みからの派生形まとめ。 理想形は無し。 ツモによって無駄消しなく組みやすいものを採用する。
平5段カギ。「9段折返し」+「5段連鎖尾」 kenny式の第2土台と互換性がある。 下記まで伸ばしても17連鎖止まりになるが、標準で連結が3個(約3万点)上乗せされる。 通常は16連鎖+連結で30万点以上を狙う。 16連鎖の場合は標準で連結3個(約2万7千点)上乗せされる。 階段と比べて異様に連結を足しづらいので、連結盛り用の色配置を実現したい。 ___●○○/___●○○/●___○○/ __○○●◎|__○○●◎|○×__●◎| ○_○●○○|__○●○○|●○_●○○| ×_○●○◎/○●○●○◎/○●×●○◎/ ●○●◎●◎|×○●◎●◎|×○●◎●◎| ○●◎●○◎|○●◎●○◎|○●◎●○◎| ●○●◎●○|●○●◎●○|●○●◎●○| ●○●◎●○|●○●◎●○|●○●◎●○| ●×◎○◎●/●×◎○◎●/●×○×◎●/ ×●◎○◎●|×●◎○◎●|×●○×◎●| ×○●◎○◎|×○●◎○◎|×○●◎○◎| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●○×◎●| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●○×◎●|
「9段折返し」+「カギ連鎖尾+1連」 5段2加カギ。5段2盛カギ。5段2盛連鎖尾。 ______/______/_____●/ ______|______|___●○○| ______|______|__××●●| ○_____/○_____/_○×●○○/ ◎○◎○◎●|◎○●○◎●|○●◎○◎●| ○●○◎●●|◎●◎○●●|●◎○◎●●| ●◎◎○◎×|●◎○◎◎◎|◎●◎○◎◎| ●●◎○◎×|●◎◎○××|○●◎○××| ◎○○××●/○○○×●×/◎○○×●×/ ◎●◎○◎●|◎●◎○◎●|◎●◎○◎●| ◎○●◎○◎|◎○●◎○◎|◎○●◎○◎| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●| ______/______/______/___×◎×/ ______|______|______|___○×◎| ______|______|______|___○○●| _◎○___/__○___/○_____/○__××●/ _●◎○◎●|○◎×○◎●|◎○◎○◎●|◎○◎○◎◎| ○◎○◎●●|●●○◎●●|●●◎○●●|●●◎○●◎| ●◎◎○◎◎|×××○◎◎|●◎○◎◎◎|●◎○◎◎●| ◎●●○××|◎●●○××|◎●◎○××|◎●◎○×◎| ○○○×●×/○○○×●×/○○○×●×/○○○×●×/ ◎●◎○◎●|◎●◎○◎●|◎●◎○◎●|◎●◎○◎●| ◎○●◎○◎|◎○●◎○◎|◎○●◎○◎|◎○●◎○◎| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●|
「9段折返し」+「4段カギ連鎖尾」 4段1加連鎖尾。4段1盛連鎖尾。 _____◎/____●◎/_____◎/_____◎/_____●/ ____○●|___◎◎○|____●○|____●○|____●○| ____○●|___○○●|____×●|____×●|___○○◎| ○__●●○/○_○◎◎●/○__××●/○__××●/_◎_○●●/ ◎○×●○●|◎○×○○●|◎○×◎○●|◎○×◎○●|●○×◎×●| ◎×●◎×●|◎×●◎×○|◎×●◎×○|◎×●××○|○×●×◎◎| ×●◎×◎◎|×●◎×◎◎|×●◎×◎○|×●◎×◎○|×●◎×○◎| ×●●◎×◎|×●●◎×◎|×●●××◎|×●●◎×◎|×●●◎×○| ○○○◎×●/○○○◎×●/○○○◎●◎/○○○◎●◎/◎○○◎●○/ ◎●◎○◎●|◎●◎○◎●|◎●◎○◎●|◎●◎○◎●|◎×◎●◎●| ◎○●◎○◎|◎○●◎○◎|◎○●◎○◎|◎○●◎○◎|◎●×◎●◎| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●|●×◎●◎●| ○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●|○●◎○◎●|●×◎●◎●| _____◎/_____◎/_____◎/_____◎/ ____●○|◎___●○|◎●__●○|____○●| ____○●|●◎__×●|●◎__×●|____○●| _◎_○○●/×●●××●/××●××●/○○_●●○/ ●○×◎×●|●×◎○○●|●○◎○○●|×●○●○●| ○×●◎○○|○◎●◎×○|○◎●◎×○|○●○◎×●| ×●◎×◎○|◎●◎×◎◎|×●◎×◎◎|●○◎×◎◎| ×●●×◎◎|◎●●◎×◎|◎●●◎×◎|○●○◎×◎| ◎○○◎×●/×××◎×●/◎××◎×●/○××◎×●/ ◎×◎●◎●|○○◎●◎●|×○◎●◎●|×●◎○◎●| ◎×◎●◎●|○×◎●◎●|○×◎●◎●|○○●◎○◎| ●●×◎●◎|●●×◎●◎|●●×◎●◎|○●◎○◎●| ●×◎●◎●|●×◎●◎●|●×◎●◎●|●●◎○◎●|

単純繰り返しの形「階段積み」「カギ積み」の利点

単純繰り返しの形「階段積み」「カギ積み」がなぜ優れているか。 ・暴発しづらい。 ・連結を足しやすい。 ・色制約が少ない。 単純繰り返しの形のみ、上記3つの利点を受けられる。 単純繰り返しの形を崩してしまう許容形は上記3つの利点を得にくくなる。 欠点については下記項目で説明。 「単純繰り返しから外れた形の欠点
・暴発しづらい 同じ色が2個追加されても暴発しない。 階段でもカギでもこの特性は変わらない。 ただしカギ積みの一番後ろは例外。 ______|_____◎| _◎○●◎_|_●◎○●◎| ○●◎○●◎|_○●◎○●| ○●◎○●◎|○●◎○●◎| ○●◎○●◎|○●◎○●◎| _◎○●◎_|_●◎○●_|_○●◎__|_◎○●__| _◎○●◎_|_●◎○●◎|_○●◎__|_◎○●_◎| _◎○●◎_|_●◎○●◎|_◎○●◎_|_●◎○●◎| ○●◎○●◎|_○●◎○●|○●◎○●◎|_○●◎○●| ○●◎○●◎|○●◎○●◎|○●◎○●◎|○●◎○●◎| ○●◎○●◎|○●◎○●◎|○●◎○●◎|○●◎○●◎|
・連結を足しやすい。 暴発しづらいことと関連している。 前項の図のように、同じ色を2個追加しても暴発しないということは、それだけ連結を足しやすいことでもある。 ______|______| __●◎__|_◎○●__| _●○◎__|_○◎●_◎| _◎○●◎_|_●◎○●◎| ○●◎○●◎|_○●◎○●| ○●◎○●◎|○●◎○●◎| ○●◎○●◎|○●◎○●◎| 「階段」も「カギ」も連鎖繋ぎの「受け口」が3段ということが関係している。 土台に連結として吸収されやすい性質を持つ。 _◎____|_◎____|_◎____|_◎_●__| _◎____|_◎____|_◎●◎__|_◎●●__| _◎____|_◎____|_◎○●__|_◎○◎__| _●____|_○___◎|_●●◎__|_○●●_◎| _◎○●◎_|_●◎○●◎|_◎○●◎_|_●◎○●◎| ○●◎○●◎|○○●◎○●|○●◎○●◎|_○●◎○●| ○●◎○●◎|○●◎○●◎|○●◎○●◎|○●◎○●◎| ○●◎○●◎|○●◎○●◎|○●◎○●◎|○●◎○●◎|
・色制約が少ない。 折り返し部分を除いて2色で作れる。即ち色制約が少ない。 ______|______| ______|◎____●| _○●○●_|◎●○●○●| ◎●○●○●|◎○●○●○| ◎●○●○●|○●○●○●| ◎●○●○●|○●○●○●|

単純繰り返しから外れた形の欠点

単純な形の繰り返しであるほど暴発しづらく、連結を足しやすく、色制約が少ない。 その形を崩した許容形はその利点を得にくくなる。
・暴発する例 暴発しやすいため連結も足しづらくなる。 図1 図2 ___◎●●|_____◎| _◎○◎○●|_●◎○●◎| ○●◎○●○|_●●○○●| ○●◎○◎○|○○◎◎●◎| ○●◎○◎○|○●◎○●◎| 図1。後ろに1組分のブロックを追加するために2-2階段にすると、 3,4列目に「◎」があると暴発する。または2,3列目に「◎」があっても暴発する。 しかも暴発すると連鎖が止まるので大きなロス。 図2。1,2列目に「●」、または3列目に「○」があると暴発する。ただし暴発しても1連ショートカットするだけなので、本線は繋がる。
・色制約が増える例 図1 図2 _____◎|______| _●◎○●◎|_●◎○__| _×●○●◎|_×●◎○_| ×●◎◎○●|×●◎○__| ×●◎○●◎|×●◎○__| 図1。3,4列目にある「◎」が変形しているため、4,5列目の「○」の位置に1色分色制約が増えている。 図2。単純繰り返しの形なら、「○」の位置には「○」「●」「×」の3色置ける。

平らな土台の利点

土台地形が平らな土台は「暴発しづらい」「色制約」の点で優れている。 土台地形が部分的に盛り上がっていると、第2土台の連鎖ブロック組に対して地形の隣接マスが増えるため、色制約が増え暴発しやすくなる。
・土台地形が平らな場合。 第2土台にあるカギ積みの1つの組は、隣接している土台のマスが1つのみなので、1つの組に3色置ける。 図1 図2 ______|______| ●_____|______| ◎_____|______| ●◎○◎○_|___◎__| ◎○◎○●_|__◎___| ●◎○◎○●|___◎__| ●◎○◎○●|___◎__| ●○●○●×|_○●○●○| ◎●○●○●|×●○●○●| ◎●○●○●|×●○●○●| ◎●○●○●|×●○●○●| 図1。見本。 図2。「◎」の位置の組は、隣接している土台の色「○」以外の、「◎」「●」「×」の3色が置ける。
・土台地形の一部が盛り上がっている場合。 図1 図2 ______|______| ●_____|______| ◎___○_|______| ●◎○◎○_|___◎__| ◎○◎○×_|__◎___| ●◎○◎○×|___◎__| ●◎○◎●×|___◎●_| ●○×○●○|_○×○●×| ◎●○×○●|×●○×○●| ◎●○×○●|×●○×○●| ◎●○×○●|×●○×○●| 図1。見本。 図2。「◎」の位置の組は、隣接している土台の色「○」「●」以外の、「◎」「×」2色のみ置ける。
・別の暴発例 図3 図4 図5 ______|______|______| ______|______|______| ______|___●__|___●__| __●◎__|__●◎__|__●◎__| _●◎___|_●◎___|_●◎___| __●◎__|__●◎__|__●◎__| __●◎●_|__●◎●_|__●◎__| _○×○●×|_○×○●×|_○×○●×| ×●○×○●|×●○×○●|×●○×○●| ×●○×○●|×●○×○●|×●○×○●| ×●○×○●|×●○×○●|×●○×○●| 図3。見本。 図4。4列目に「●」を置くと暴発する。 図5。4列目に「●」を置いても暴発しない。